title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
2010年 05月 31日 ( 1 )
『1Q84』を読んでの感想

ここ2~3日、少しばかり時間がありましたので、評判になっている村上春樹の『1Q84』1~3巻を一気に読みました。
村上春樹はロマンを書く人だと思っていましたが、このロマンは飛び切りのものです。「大正ロマン」ということでいうと、「平成ロマン」というべき世界であって、われらの時代のヒストリカルロマンというべきものだと思いました。

小説の中にディケンズのことが2回出てきます。
ディケンズは、『二都物語』や『大いなる遺産』で知られる、イギリスのヴィクトリア朝を代表する作家です。ディケンズの描写は映画的で、この二つの代表作とも映画になっています。『大いなる遺産』はデビット・リーン監督で知られますが、最近、キュアロン監督によって撮られています。

この二人が監督を務めている一事をもって、ディケンズが、イギリスの国民作家であることを表しているわけですが、村上のキャラクター造形力(青豆にしても、天吾にしても、父親や牛河やリーダーにしても)は、そのディテールにおいて、ディケンズに比すべきものがあると思われました。広告惹句風にいうと「世界に通用する日本の国民作家」ということでしょうか。この評価は妥当だと思いました(牛河の造形は松本清張の人物描写を思わせるものがありますが、松本清張には青豆や天吾の造形はありません)。

映画的といえば、青豆を『華麗なる賭け』のフェイ・ダナウェイみたい、だと記述するところなどは、映像寄り掛かりの印象がなくはありません。フェイ・ダナウェイは、『俺たちに明日はない』『コンドル』『ルーという女』『小さな巨人』『チャイナタウン』『ネットワーク』など、みな見ています。『1Q84年』に即していうと、』『コンドル』に出てくるフェイ・ダナウェイが、一番、青豆に近いかも知れません。その緊迫感において。

しかし、むかしの作家が何ページをも費やした描写が、「フェイ・ダナウェイみたい」というだけで通じるのですから、現代の作家は映像に感謝すべきなのかも知れません。ノーマン・ベーラーが書いたものあたりから、こういう傾向は顕著になりました。とりわけ村上龍の小説は多くて、彼のものは、一種の情報小説のような性格を持っています。

けれども、村上春樹の比喩の巧みさ、あるいは豊饒さ、速射砲のように出てくるそれは、舌を巻くほど達者です。わたしのような滋賀直哉や中野重治の文章を模範として育った者には、その過剰さが眩しくもあり、鼻についてなりません。

たとえばそれは、牛河が児童公園の公衆便所の裏側の植え込みに向かって「長い貨物列車が鉄橋を渡り切ることができるくらいの時間をかけてようやく小便を終える」というような表現にみられます。この手の比喩は、全編に散りばめられています。

音楽と洋服の名前の羅列、それは「ヤナーチェックのシンフォニエッタ」に始まり、「マーラーの交響曲、ハイドンの室内楽、バッハの鍵盤音楽」「ジュンコシマダ」「ジバンシー」だの何だのに見られるものですが、これもまた過剰なまでに、全編に散りばめられ、繰り返し用いられます。なかには「長い貨物列車が鉄橋を渡り切ることができるくらい」に、あれもこれもと並べ立てた箇所もあります。

そうしたこと(もの)を好みとし、ライフスタイルにしている都市の女性には、これはもうたまらなく心地よいのでは、と思われました。
この本が、圧倒的な女性読者を獲得している理由の一つでもあると思われました。これを読むと、現代女性にとって、どういうことがカッコいいのか、よく分かりますので。

わたしに解せない形象としては、樺太帰りの朝鮮人であり、ゲイであり、元自衛隊のプロであるタマルでした。タマルがチェーホフやプルーストを口にすることにムリを感じました。この本の道具立てとして、チェーホフやプルーストを用いるのは分からないではありませんが、その役目をタマルに降ったという感じです。生硬さを感じました。汗が吹き出るように、自然にでていません。

小説世界として、「空気さなぎ」のことや、ふかえりの霊感力や、青豆の受胎などは、世界最大のベストセラー『聖書』の世界に比ぶれば驚くほどではありませんが(しかし牛河の6人のリトルピープルのピースには、思わず「上手い!」と唸りました)、そしてまた樺太(サハリン)ということでチェーホフが結びつくところも、まあそれなりに分かるのですが、タマルがあそこまでチェーホフを語るのか、果たして語れるのか、という点にクエッションを覚えたのです。

わたしは高校一年の時に中央公論社の『チェーホフ全集』を入手し、それ以来、ずっとチェーホフに親しんできたものですから、あのチェーホフの扱いに、少々つらいものを感じました。

プルーストの『失われた時を求めて』は、青豆があのシチュエーションにおいて、毎日のように読んでいるにかかわらず、その感慨なり、文学の感銘が何ら伝わってきません。単にヒマつぶしで読んでいる感じで、わたし的にはがっかりしました。この小説も、もう30年来の読者の一人なので。
要するに、いろいろ入れ込み過ぎて、消化が不十分なのです。

ヤマギシ会とオウムがモデルだといわれ、この世界はそれなりに書き込まれていますが、ストーリーというか、物語の道具立てになっていても、その思想的な掘り下げが形象になっておらず、竜頭蛇尾を感じました。これらをヒストリカルするには、まだ、もう少し時間を要するのかも知れません。

とりあえず、そんなところが読後感です。
[PR]
by sosakujo | 2010-05-31 11:55