title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
2008年 03月 11日 ( 1 )
野ざらし紀行
ぼくはよく旅に出ます。遊びで旅に出るわけではありません。仕事――いうなら稼業の旅です。この一ヶ月というもの、毎週3~4日間旅に出てきました。雪の会津の奥地、北海道の札幌、噴火湾、島根の益田から博多へ、京都、芦屋、東京、滋賀の水口など、まあ目まぐるしいこと。
多い年には200日も旅に出ていました。そのうち70日は海外の仕事で、ヘルシンキからそのままアメリカ大陸に渡って、地球を一周して日本に戻ったことも二回ありました。北極圏にも行きました。南氷洋に面した、チリの最果ての町、プンタアレーナスにも行きました。爆弾で危ないバスク地方の町にも行きました。
人からは、あちらこちらに行けていいですね、と言われます。役得だと思うようにしていますが、それでも旅は疲れます。まず腰に来ます。車窓から風景を眺めるときもありますが、たいがいは携帯のコンピュータで原稿を書いているか、鞄いっぱいに詰めた本を読んでいるか、そんな状態で余裕がありません。
旅から戻ると、取材したことの裏を文献で取らなければなりません。インターネットで探って探って資料を取り寄せ、それをとことん洗います。本屋に出向く余裕がないので、どの程度書かれているか分かりませんが、アマゾンや古本ネットで、とりあえず本を買い込みます。活かせるヒントは、一冊の本で二行か、三行という場合が少なくありません。そんなわけで、本や資料は増え続け、本代で原稿料は消え、編集人を務める関係から原稿料タダの原稿もありますので、まるで割りはよくありません。
朝は3時か4時に目が覚めます。朝一番の仕事は稼ぎ頭の「コピー」の仕事に充てています。どういうわけか、朝目覚めると「コピー」が浮かんでいます。寝ている間に考えていたんだ、と思うようにしています。
夜の席は、お酒を呑めない奴なので、できるかぎり遠慮しています。多分、ぼくが酒飲みだったら、もうあの世に行っていると思います。年を食ったからということもありますが、夜早く寝るので、朝早く起きられるのだと思っています。
ぼくの個人的な夢は「晴耕雨読」です。もう一つの夢は小説を書くことです。
後者については構想を持っていて、もう3年ものあいだ資料を集めています。友人の作家、天野礼子さんにその構想を洩らしたら、「その小説、絶対当る!」と折り紙をつけられました。そのとき一緒におられた集成材の銘建工業の中島浩一郎さんも、にこにこ笑って頷いておられたので気をよくしていますが、なかなか手をつけられないでいます。
前者の「晴耕雨読」の方は、『住まいを予防医学する本』の中でも、「健康になるための法則26」の一つとして「晴耕雨読」を書きました。しかし、実際の生活では、そんなふうではありません。ただ、そういう生活を想像してみて、雨垂れの音で目覚めるのはいいな、と思ったりします。春の雨垂れは生暖かくて、秋の雨垂れは冷たくて、季節の到来を雨垂れに聞く生活はいいなと思っています。
「ホテルで生活する毎日なのに、よく雨垂れを聴きたいなんてこといえるわね」と、雑誌『住む。』の編集長の山田きみえさんから冷やかされていますが、多分、そういう憧れが人一倍つよいのだと思います。そういう憧れを一生持ち続けながら、しかし仕事に追われて野垂れ死ぬのではないか、という予感を持っています。
ぼくの具体的な望みは、工務店が元気になることです。
工務店で10数年間仕事をしてきました。工務店の仕事を離れて20年間になります。工務店と、今の仕事は違っています。違っていいと思っています。ぼくは芸能史を齧ったことがありますが、都を離れた田楽法師などの雑芸師が各地の芸能や祭事に果たした役割の大きさを思い、ぼくは工務店にとって、田楽法師のようになれたらいいと思っています。
[PR]
by sosakujo | 2008-03-11 09:07