title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
2008年 03月 06日 ( 1 )
新建ハウジング『プラスワン』3月号
業界紙の新建ハウジングの『プラスワン』3月号に、「独立自営工務店という選択」というタイトルで連載を開始しました。この『プラスワン』では、今号から「『工務店の明日』を考える」という連載を開始していて、そこに掲載されています。ほかの執筆者に比べて、ぼくの原稿はかなり構えた原稿で、少し恥ずかしい感じを持ちました。ページ数も5ページと多く、少しばかり重いものになっています。どこまで続くか分かりませんが、書き出した以上は書き切らなければならず、骨が折れそうです。
この『プラスワン』は、本紙に対してプラスワンというわけですが、ページ数も増えて、プラスワンを超えた『プラスワン』になりつつあります。業界紙は、概して工務店の応援団的な記事が目立ちますが、建築ジャーナリズムとして一つの顔を見せ始めたように思われます。

『プラスワン』には、毎号、野辺公一(オプコード研究所)さんが巻頭言を書いておられます。今号は「『排除』型構造と工務店の分化」というタイトルで書かれていてます。
「これまでの住宅市場を『自然(自由)参加型』市場だとすると、今後の住宅市場環境は『排除』市場に移行する」
「現在進行している一連の法環境の整備、「消費者保護」というスキームは、基本的に『コンプライアンス』の正義によって、自ら『排除』の構造をもたらす」
この現状認識に、ぼくは異議をはさむものではありません。
厳しい時代の到来に、覚悟を決めて取り掛からなければ、「やられてしまう」という危機感を、ぼくも持っています。
けれども、一連の法整備とスキーム、「コンプライアンスの正義」そのものを首肯するところから始まり、これに対応できないバカな工務店は淘汰されるというだけでいいのか、という疑問をふと感じました。
何も抵抗できないうちに、あれよあれよという間に、こんなことになってしまったことが果たしてよかったのかどうか、ぼくはまだまだ蒸し返したいのです。
建築家の永田昌民さんはこの現状に慷慨を鳴らし、『住宅建築』の平良敬一さんは「建築業界に未来はない」と慨嘆されました。酒を飲むと、あんな法規を守れというなら「俺を一番目に検挙せよ!」と永田さんは吼えます。
これから連載の中で、野辺さんの現状認識に対し、どういう解を出せるか、ぼくなりに書くことにします。
[PR]
by sosakujo | 2008-03-06 11:34