title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
2008年 02月 27日 ( 1 )
教会建築とルイ・アラゴンと
今ぼくは、教会建立の仕事をお手伝いしています。昨夜もその打ち合わせをしてきました。
予定されている敷地は、三方向を山に囲まれ、一方向に農村風景が広がっていて、なだらかな山並が遠望できます。2万坪の土地です。そこに美しい教会をつくりたい人たちがいて、それを手伝っています。
ぼくはクリスチャンではありませんが、世界のあちらこちらの「聖なる場」を訪ねてきました。聖地ルルドを訪ね、ピレネー山脈の麓の村々の教会を訪ね、スペイン北部のレオンの教会も訪ねました。黄昏に照らされたステンドグラスは荘厳というほかなく、ずっとこころに残っています。丘の上に建つル・コルビュジェのロンシャン教会堂は、失意にあった自分を救ってくれたし、北欧の小さな教会が持つ清浄な空間に、どれだけ癒されたことか。今、最も行きたいところはピーター・ズントーが設計した、スイス・スンヴィッツにある聖ベネディクト教会です。
日本にもみんなが寄りたくなる、そんな「聖なる場」があるといいな、と思っています。

ルイ・アラゴンという詩人が、こんな詩を遺しています。

ひとりは教会よりあるいてきた
ひとりはそこを避けてきた
神を信じたものも
信じなかったものも

その血は流れ 流れ交わる
(『フランスの起床ラッパ』 薔薇と木犀草より)

この詩は、ナチスの支配下にあったフランスの抵抗者を詠んだ詩です。
ぼくはこの一節を、「ストラスブール大学の歌」だと思い込んでいました。「教えるとは希望を語ること 学ぶとは誠実を胸にきざむこと」という、あの有名な詩です。打ち合わせのあと、家に戻ってアラゴンの詩集を紐解いたら、同じ詩集の「薔薇と木犀草」に出てくる一節であることが分かりました。
これからつくる教会は、300人を収容できることが命題の一つになっています。この規模の教会を、予定されている予算でやるのはとてもきついことです。余分なことをしないが故に美しい教会を、という第二の命題があって、その視点があれば、ひよっとしてやれるかもという気持ちでいます。第三の命題は、いっぺんに全部やらなくていい、時間を掛けてやればいい、あのガウディのサグラダ・ファミリアのように、というものです。
この三つの命題を達成するには英知を結集しなければなりません。
教会の方々にお願いしたいことは、セクトに篭らず、「神を信じたものも 信じなかったものも」この事業に参加できる寛容を持っていただければ、ということです。そうすれば、すばらしいものが出来るという予感を持っています。

À Strasbourg nous irons ensemble
われらはともに行こう ストラスブールへ
Cathédrale couleur du jour
陽の色に輝く教会へ(「ストラスブール大学の歌」より)
[PR]
by sosakujo | 2008-02-27 09:00