title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
〈対話〉野辺さんへ
前回のぼくのブログに対し、野辺さんが、ご自身のブログで意見を述べられました。火薬庫に火をつけたかなという思いもありますが(「排除」という刺激臭のつよい言葉に誘われたのかも知れません)、歯応えのある論客にご登場いただいて、久しぶりにドキドキしております。
野辺さんは「法律は成立してしまうと」「その対応力が生死を分ける」といわれます。そこに「永遠の課題は受注」という工務店の宿命が横たわっている限り、青臭いことは言っていられないというわけで、それはつまり「悪法も法なり」ということでしょうか。
「市場縮小との関係と顧客の信頼性という部分を含めて考えていくと、やはり市場は排除型市場(プレーヤー選抜型といってもいいかもしれません)に移行している、という認識を強く持つわけです」というのは、現実的対応力の見地からすれば、至極当然のことだと思っています。この世知辛い状態にあって、「みんな負けないでやろうぜ」という観点から、工務店プレーヤーたちの実力を引き出す術に野辺さんは長けておられて、とても大事な仕事をなされていると思っています。
にもかかわらず、ぼくが一抹の疑念を感じたのは、文句言ったって始まらないという諦めの速さと、事態への対応にばかり傾斜されていて、これでは本質論が捨象されるのではないか、という不安を覚えたたからです。
ぼくは品確法・性能表示のとき、性能なんてものは、その時代が要求している技術水準に過ぎないもので、建築が要求する総合を問題にせずに、性能だけをいうのは愚かだということを、あちらこちらに書き立てました。
フランク・ロイド・ライトが、リーズナブルなユーソニアンハウスにおいて、当時として高価な重力式暖房を用いたことを、ぼくは是とするもので、性能の高さは、その時代の技術水準を表すものであって、それを積極的に摂取することを、あれこれ言っているわけではありません。
ただ、ぼくらが古建築を訪ねて感銘を受けるのは、暮らしと自然に応答したカタチと、その内実に揺さぶられるものがあるからであって、何も性能を見に行くわけではないということです。
航空基地や新幹線周辺に住み、騒音に悩む人にとって防音は大事な要件ですが、晴耕雨読を愉しむ人にとっては雨だれの音が聞こえる方がうれしいのです。レベルを設定し、一元的価値しか認めない狭さを、ぼくは品確法・性能表示に感じたのでした。このレベル設定は、要するに余計なお世話というべきもので、〈官〉が差配することではありません。
今、起こっている事態も、この一元的価値の〈官〉による押し付けではないでしょうか。対応策に行く前に、ちょっと待て、もっと大切なこと(本質論の見極め)があるじゃないかと声を挙げることこそ、ぼくはオピニオンリーダーたるべき人が第一に言うべきことのように思ったのです。
ぼくは今の暴力的ともいえる仕掛けに、草木が靡くようにしたがいたくありません。ある若い建築家が、「ちゃんと自分の仕事をするために、ひとまず法は守る」(関西で開かれた自然エネルギー研究所主催のシンポジウムでの発言)と悲壮な決意を語られたのを聞きながら、ぼくはふいと涙腺が弛み、自分もまた(広津和郎のように)「散文精神」に立って、粘り強くやろうと思いました。
今の事態は、弱小工務店は「排除」してしまえという、業界に仕掛けられた「構造改革」であって、ほかの「構造改革」がそうであるように、それによって惹起されている新しい構造問題であり、それを根本的にどう見るか、どう考えるかということです。
浮き足立たないで「抵抗」の保塁を築かないと、根こそぎやられてしまうのではないか、という危機感を抱くのは、決してぼくだけではないと思っています。

野辺さんはブログのなかで、永田さんや平良さんなど、「このような人を引き合いに出すのが小池さんの悪い癖です」と突如鉾先をこちらに向けられましたが、「ヒルトップ博士や隊長」などと、知らぬものには誰だか分からぬ呼び名を気安く書き連ねるのが(まあそれがブログ的ノリなのかも知れませんが)、個人的な感想をいえば、ぼくはそれが野辺さんの悪い癖だと思っています。
ぼくまで「ダッチロール」してはなりませんが、これだけは言っておきます。ぼくが挙げたお二人は、いうところのエスタブリッシュメントなどでありよう筈のない人達(しかも上がった人ではなくて現役)であり、ぼくにとっては同志です(ご本人たちには迷惑かも知れませんが)。彼らの嘆きや憂いを伝えたこと(酒を飲んで吼える永田さんの話以外は、公の場での発言)が、どうして「小池的修辞的なエスタブリッシュメントな引用」という指摘になるのでしょうか。穿ち過ぎというものです。
狭い仲間うちで、お山の大将的にやるのではなく、この現状を憂い、危機的状況とみるならば、手を結べる人とは手を結ぶ広さを持って欲しいと思っています。
ジャブの応酬上、いわずもがなを言ってしまいましたが、泥仕合は好みません。
衆を頼まないで、しばらくは二人の〈対話〉を静かに続けましょう。
こういう議論になると、尻馬に乗った雑言が飛び出しがちです。前に田中工務店さんのブログに長いコメントを書いて、塩地博文さんからたしなめられたことがありますが(議論がそのままになっているのが気掛かりです)、匿名でなく実名で、コメントではなく自分のブログで、それぞれが堂々と論陣を張るのがいいと思っています。
[PR]
by SOSAKUJO | 2008-03-07 08:33
<< 菰田勇司さんの奮闘 新建ハウジング『プラスワン』3月号 >>