人気ブログランキング |
title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
二人の映画監督による『おとうと』
先週末、山田洋次監督の新作、『おとうと』を観てきました。
この映画は、前に市川崑監督によって撮られていて、山田の同監督へのオマージュを意味する映画です。
市川監督による『おとうと』は、中学生のときに観ています。姉である主人公の岸恵子が、河原沿いの道を早足で歩くシーンが記憶につよく、弟役の川口浩のの顔をよく覚えています。

あと覚えていたのは、夜中に目が覚めると死の恐怖に襲われる弟に、姉がリボンの紐を手に結んで「目が覚めたら紐を引っ張るのよ」というシーンて゜す。ぼくは男の兄妹だけで育ったので、岸恵子のような姉さんがいるといいと思いました。

山田洋次監督による新しい『おとうと』の姉弟は、今の吉永小百合と笑福亭鶴瓶だから、若くありません。もし市川の姉弟の関係が数十年後だったら、というシチュエーションのもとに描かれています。
前半は鶴瓶の寅さんを思わせる破壊的なおもしろさに笑ってしまいましたが、後半は一転してシリアスな話で、今の介護問題を鋭く刺す映画となっています。しかし、終盤にリボンの紐を手に結ぶシーンがあって、なるほど、この映画は市川崑さんへのオマージュだと合点が行きました。

鶴瓶の弟は予想以上の出来でした。
『母べい』の伯父さん役、最近の『ディア・ドクター』のニセ医者などに続く巧者ぶりで、今、脂が乗っています。『おとうと』では、厄介極まる鈍感さと図々しさが顔を出していて、テレビで見せる剽窃さを消していました。
山田監督はパンフレットに「家族という厄介な絆」を書いていますが、この弟に、姉の吉永小百合を配しているところに、家族というものの計り難さがあると思いました。
 
この映画のことは、『住む』の「センス・オブ・プロポーション」という連載エッセイに書きましたが、発行されるのは来月20日頃となり、映画館での上映は終わっていると思われるので、ぜひ、多くの人に観てもらいたくて少しだけ紹介しました。

この映画を観る前に、NHKのドキュメンタリー『無縁死』という番組にショックを受けました。ここまで人間は寸断されているのか。それに対して住宅は何が出来るのかを、ぼくは考えたのでした。この映画の感想を述べながら、その問いに応えた一文となっています。
by sosakujo | 2010-02-08 12:58
<< 山田洋次監督『家族』再見 奥村昭雄さんの立春大吉 >>