title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
事務所移転のことなど
 11月1日に新事務所に移転します。
 新住所は、〒430−0901
 浜松市中区曳馬(”ひくま“と読みます)1丁目21−3−C1
 電話は、053−476−1300
 電送は、053−476−1313です。
 三階建てのアパートの一階です。前に小さな川があって、それに沿って桜並木があります。桜並木は、部屋からも見えます。事務所では、春のお花見が楽しみだね、といい合っています。
 小池創作所のホームページには、自宅を事務所にしている模様がいろいろ出ていますが、現在、追われている仕事が幾つもあって、そちらを優先しなければならないため、こちらのリニューアル——お化粧直しは、年明けになるかも知れません。

 年内と、年明け早々のわたしの講演活動等の日程をお知らせしておきます。
 11月11日(土)「緑の時代をつくる——奈良県シンポジウム」パネラーとして
 12月16日〜17日 「森里海連環学講座in柿木村」塾頭及びパネラーとして
 12月22日(金)「京都大学時計台集会」パネラーとして
 1月19日(金)東京大学大学院 空間環境形成論講座 講師として
 東大の講義以外は自由参加できますので、希望者は申し出ていただければ幸いです。

 さて、先日新潟長岡の高田建築事務所の30周年記念のシンポジウムがあって、その司会者に指名を受け、務めてきました。会場は400名もの入場者で溢れ、地域工務店が開くシンポジウム(講演会ならまだしも、シンポジウムというのも高田さんらしいのですが)としては異例のものでした。タイトルは「巣舞から趣舞へ、これからのふつう」。この語呂合わせをひねり出すのも、高田さんが得意とされるところです。
 パネラーには、テレビでお馴染みの見城美枝子さんのほかは、勤めを持ちながら週末自転車店を開いている人や、イチローのグッズを手に入れたことをきっかけに個人で野球館を開いた人など、よくぞ集めたという趣味人ばかりでした。この人たちの特長は、自分の趣味にとどめないで、地域につなげることで、おもしろさを倍化しているところです。
 小さい頃の記憶をたどり、今でも覚えているおじさんというと、やはりこういうエネルギーを持った人であったことに気づきます。あの頃はよかったという場合、そういうおじさん、おばさんの記憶と共にあるのであり、そういう人が今もいることに、わたしは救われる思いがしました。
 このことは、またくわしく書きます。何しろ、引越しの準備がありますので・・・。
[PR]
# by sosakujo | 2006-10-31 21:29
下北沢はモザイク型の街
 季刊誌「住む」の秋号に、この春に亡くなったジェーン・ジェイコブスさんのことを書きました。東京下北沢の街を大きく変える大規模な道路建設計画のことを耳にしてのことでした。
 彼女が1961年に出版した『アメリカの大都市の死と生』の先見性と、現実に下北沢で進行している計画の貧困に警鐘を鳴らすといっては何ですが、一言いいたくて書きました。
 その計画が、いよいよ実施段階に入ったという報道が、今朝テレビでありました。
インタビューが賛成派と反対派の声を聞き、コメンテーターが「むずかしい問題です」という、いつものパターン報道で、深い検証ありませんでしたが、人々の関心を呼ぶことになるとは思います。
 下北沢には、畏敬する建築家・秋山東一さんの事務所があって、あのあたりは氏のシマでありました。そのシマが環状七号線と同じ広さ(幅25m)に道路拡幅されてしまったのでは、見るも無惨に成り果ててしまいます。
 昔、京都の鴨川に、パリの橋のそっくりさんを架けようという市長がいて、みんなに反撃されて引っ込めた例がありましたが、今回は、地元の声とかで世田谷区は押し通そうとしています。地元の声というのは「消防車も入れない道」というものです。 しかし、これを行政が根拠に挙げるのは、自己の怠慢を言っているようなものです。先斗(ぽんと)町も消防車が入れません。しかし、あれを広くしろとは誰もいいません。肩が触れ合う狭さがあっての先斗町です。消防車は入れませんが、その代わり消火栓が張り巡らされています。つまり、先斗町は常時消防車が待機しているようなものです。
 行政にとっては、この道路を通すことが何十年も前からの悲願かどうか知りませんが、それはあなた自身の「悲願ですか」と聞かれれば、返答に困ると思います。
ジェイコブスさんを、あちらこちらで紹介されているのは東大名誉教授の宇沢弘文さんですが、彼がジェイコブスさんの言葉として、しきりに口にし、書かれているのが「いい都市をつくる上での四つの原則」です。
 四つの原則の一つは、地区は二つ以上の機能を果たすのが望ましいということ。住宅だけとか、ビジネスビルだけとかでなく、街は入り混じっている方がいいます。つまり、モザイク型の都市が、ジェイコブスさんの理想でした。
 二つ目は、道は狭く、折れ曲がっていて、一つ一つのブロックが短いほうがいい、というものです。幅が広くて、まっすぐな道路はよくないというのです。
 三つ目は、建てられた年代が違う建物が混じり合っていること、古い建物を壊さないで残すのがいいというものです。言われてみると、いい街はそんなふうであることに気づきます。四つ目は、 人口密度が十分に高い状態の方がいいというものです。
 これらは、20世紀が理想としたあり方の逆張りを行っていて、一元的でない都市のあり方、多様性の許容と、それこそが都市の生であるとの明確な主張があって痛快です。わたしは原稿のなかで「凄い婆さんがいたものだと舌を巻く」と書きました。
 先日、新宿副都心に行きました。
 ここには人間は住めない、と思いました。
[PR]
# by sosakujo | 2006-10-20 11:06
病気にならない為の病院
 とうとうなのか、やっとというべきか、今月わたしは還暦を迎えました。
 老人という実感はないけれど、「老人問題」は好むと好まざるにかかわらず向うからやってきます。
 日本の医療費は、現在32兆円ものお金でまかなわれているそうです。
 20年後には、それが56兆円〜69兆円に倍増するといわれていて、その頃には、自分も完全に老人になっているわけだから、さてどうなるものやら、という不安はあります。
 最近、病院に行って気づくことは、患者負担増がここ数年顕著だということです。
財布の中から、結構お金がでていきます。公的保険の範囲は、年々限定されるようになっていて、今後、十分な医療を受けられない層(特に老人層)が膨張するといわれています。そして、その人たちは「乞食患者」と卑称されるようになる、ともいわれています。神経に耐えられない雑言でありますが、多分、そういう現実がやってくるのだと思わなければいけないのでしょうね。
 わたしは今、知り合いの医者が新しい病院をつくるというので、「病気にならないための病院をつくってよ」と言っています。
 病院は、病気になった人が行くところで、風邪を引いたりした急性の疾病は町医者に、大きい病気に罹った人は総合病院に足を運びます。けれども、病気にならないためにはどうしたらいいか、そんな相談に行ける病院はどこにも見当たりません。
 なるほど「健康産業」は盛んです。
 健康食品を常用すると「健康になること疑いない」と、どこもかしこも言い立てています。彼らは、飲め、食せ、この健康器具を使えということばかりを前に出して、売らんがためを優先しています。「病気にならないためには、どうしたらいいか」と聞いたところで、まともな答えは期待できません。
 病院にはカルテがあります。しかしあれはドイツ語で書かれていて(最近は日本語で書かれるようになった、という話も聞きます)よく分りませんし、医者の一種の記録書に過ぎません。薬歴も何も、ほぼその病院の狭い範囲のものに限られていて、自分を知る情報にすらなっていません。
 第一、町医者にせよ大病院にしろ、聞かれることは「どこが痛い?」「どこが変か?」ということに限られていて、もし「病気にならないためには、どうしたらいいか」と問いかけても、医師たちは戸惑うだけで返答に困るでしょう。なかには「この忙しいときに!」とか言って、こめかみに青筋を立てて怒声をあげる医師がいたりすることでしょう。
 国は「予防医学」をいいます。
 医療費の増加を考えると「予防医学」が求められているのはいうまでもありません。しかし、そんな現実はいまの日本にはないことを知った上で、それをほんとうに社会化するにはどうしたらいいか、まともに考えてほしいと思っています。

 医食同源(いしょくどうげん)という言葉があります。
 病気をなおすのも食事をするのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じだという意味です。薬食帰一も同様の言葉です。
 この食療法は「予防医学」の先駆けで、戦国期の成立とされる《山海経(せんがいきよう)》に記載されています。酸、苦、甘、辛、鹹の五味の調和ある摂取によって、健康が保たれるとされます。
 予防医学的な発想は、別に東洋に限られたことでなく、ドイツなどでも盛んにやられてきたことで、こちらは「食」ではなく、「住」を早くから問題にしてきました。
予防医学のパイオニアとして知られるマックス・フォン・ベッテンコファーは、1800年代の中頃に室内空気質を問題にし、家を建てる際に、不純物質を含まない建材をちゃんと用いることを提案しました。
 人が一日に摂取する空気量は、15〜20kgに達するといいます。ドイツ人らしく、部屋にいて吸う空気そのものを彼は問題視しました。ドイツの「バウビオロギー住宅」は、そういう背景があって生まれたものです。
 予防医学を、「医」にだけ期待しないで、「食」でも「住」でもやることです。
 ブログで書いた静華さんは、医食同源を根本に置いているし、あさの葉さんは来店者とゆっくりと会話を交わしながら、その人に合ったやり方を大切にしています。
 町の工務店は、病気にならないための「家」を造ることです。
[PR]
# by sosakujo | 2006-10-16 07:24
あさのは屋さんのこと
 「あさのは屋」は、自然食品店ですが、食品だけを扱っているわけではありません。化粧品や衣類(主にコットン)石鹸、洗剤、シャンプーなどの生活雑貨、書籍なども扱っている店です。けれども、やはり食品が主であって、その品揃えの豊富さ、棚の一つの品ごとに書かれたコメントにはまことがこもっていて、店を訪ねるたびに感銘を覚えます。
 今日は、佐賀県の岩永富造さんが作られた蓮根が並んでいました。
 EM農法で作られた蓮根で、むろん無農薬です。台風の被害で蓮根の出荷が危ぶまれたけれど、それが今日届いたんですよ、と店主の昭子さんは声を弾ませます。彼女の商品説明によれば、この蓮根は普通の蓮根より、もっと深い所で作られる沼蓮根で薬効も高いそうです。値段はその割に安く、それが嬉しいと昭子さんはいいます。
 彼女のことは、高校生のときから知っています。嬉しいときに、くりくりした目で、毬が弾むように声を立てるのは何も変っていません。精神の透明感が声にでている人です。理想主義が彼女の根にあるようです。「団塊の世代」が持ち得た、よき資質だと思います。あの頃は、それなりに夢を追えましたから・・・。
 この仕事は、全国に散らばっている生産者や、製造工場を訪ねてみたいな、と思うような人とつながりを持てるのがいい、と彼女はいいます。ほんとうは産地を、作る人を訪ねたいのだけれど、店を切り盛りすることに追われ、叶わないようです。けれども、想像力はいつもそこに及んでいて、彼女には現場が見えているのです。そうでなければ、あんなに嬉しそうに語れませんもの。
 地元で野菜を作っている人たちは、長い付き合いなので信頼しているといいます。
人間関係の中で得られた信頼だけが頼りであって、それは前回のファーマーズマーケットにも通じていて、無言の信頼感に「地域」が持つ確かさがあるのだと思います。
彼女は、遠方からの野菜は問屋さんを信頼して仕入れるといいます。もちろん内容をきびしく精査するそうですが。
 極力、無農薬。いたし方の無い時は減農薬で、分かる限りは殺虫何回とか、殺菌何回とかを書いてもらうといいます。食糧自給率が低くなっている今、少しだけ農薬を使えば収穫に繋がるという場合、全滅させるより収穫する事も必要だと考えてのことです。その場合、作っている人の姿勢を問題にするといいます。
 姿勢の誠実さは、ものづくりの基礎です。
[PR]
# by sosakujo | 2006-10-05 09:26
ファーマーズマーケット
 ファーマーズマーケットは、直訳すると「農家市場」です。
 今、これが各地で盛んにやられています。
 出店者が自ら生産もしくは採取したもの、あるいは加工したものを持ち寄り販売するのは、何も昨日、今日始まったわけでなく、アメリカで盛んだから日本に移されたものでもなく、もともと古くから各地でやられてきたことです。
 高知の市場などは、その嚆矢(こうし)というべきもので、品物の多彩なこと、安いこと、飛び交う土佐弁の声、声、日焼けした顔、顔に、こころが踊ります。
 ただし、意識的にファーマーズマーケットと言う場合、そこにひとつの視座があることに気づきます。
 朝市は、昔からの露店的風景が残されていて、それはそれでいいのだけれど、真っ赤な林檎飴などは、やはりちょっとヤバイものを感じたりします。
 これに対し、ファーマーズマーケットは、水が危ない、空気が危ない、土が危ない、食べ物が危ないというなかで、安全や健康を市民が自らの手で防衛しようとする考えが見られます。
 ファーマーズマーケットに行くと、この野菜は誰が作ったのかが書いてあります。○○○子さんが作ったトマトと言われたところで、マーケットに訪れた人みんながその人を知っているわけではありません。固有名詞が用いられているので、責任がはっきりしているというだけで、絶対的根拠があるわけではないのです。
 にもかかわらず信じられるのは、売っている人たちどうしが仲間であり、その牽制力といいますか、ある種の相互制御力が働いていることを自然と感じて、そうして間違いないと信じられるのです。
 出品されているものは、少しばかりゴツゴツしていたり、大きかったり小さかったり、不揃いではあるけれど、それも愛嬌だという受け止め方があって、そういう光景はデパートや、大きなスーパーマーケットには断じてありません。それらの場所では、全部形を整えて、キュウリはこの大きさで、と決められております。
 それらの店がオン・ステージとするなら、ファーマーズマーケットは、オン・ザ・コーナーであって、前者はブランドで、後者は関係認識で成り立っています。
 ブランドは、たとえていえばペットボトルのお茶のラベルのようなものです。
 もし緑色のラベルがなければ、ただの濁った水に見えてしまいます。差し出されても、大丈夫かと疑ってしまいます。キリンや伊藤園などのラベルが貼られているから飲めるのです。
 これに対し、オン・ザ・コーナーは、農家の縁側でおばあちゃんが入れてくれるお茶のようなものです。そのおばあちゃんを疑う人は、まずいないと思います。
 後者のあり方、その無言の信頼感が「地域」なのだと、わたしは思います。
 ファーマーズマーケットは、地域の味がまちをつくるという考え方が根にあります。工務店の仕事は、地域の木が地域の家を造ることにあります。
 メーカーだから、流通品だからいいというのではなく、その地域の工務店だからいいということにならないといけません。
 工務店が元気を出して、このテーブルに載るこの野菜はどこで採れた、これはどこで捕れたということと同じように、この家の木のここはこうだよ、あそこはこうだよというふうにして、身近な暮らしの中に家を造ることが大切です。
 お月見の時には、食卓をちょっと低くして、みんなで楽しんで、このススキはどこでとってきたんだよとか、この芋はどこだよとかって、そういうような事は些細だけれども、確実に喜びになって行くんじゃないでしょうか。
 そういうことに、暮す喜びがあるのであって、ブランド物を買うのはバブルの時の喜びだったけれども、それとはちがう楽しみ方があることを知ってもらうことです。 これからやってくる格差社会では、そういうあり方に幸せを見出す方がいいと思います。そしてそれを提案できるのが、工務店だと思うのです。
 そういうことはハウスメーカーにはできませんから。
[PR]
# by sosakujo | 2006-09-24 07:27
静華シェフの武者修行
 どこの店がおいしかっただの、といったグルメ情報は書かないようにしよう、と思ってブログを始めました。あとは写真を入れずに文字だけにしようとか・・・。
 だから浜松の中華料理店・静華のことを書くのは、この店が飛び抜けて味がいいいから書くのではありません。書きたいのは、オーナーシェフ宮本静夫さんが、一年間、店を閉じて、「武者修行」に出掛けようとしている話です。
 彼は、季節の料理を知らせる店の印刷物に、「心機一転」という一文を載せています。 長いけれど、その前半を紹介します。

 「夏の暑いさなか、冬の寒さや春の芽生え時期を思い浮かべるのは気が早いようですが、来年の3月末で静華を休業させていただくことにしました。
私の身勝手な思いで恐縮ですが、1年間、中国で料理の勉強をしたいのです。
先ずは、名菜の数百を学び味わい掌中に収めること。刀工、火工の起訴を現場で学び技術を鍛錬すること。四季を体験して得られる生活感、素材や食文化にふれること。どれもが今まで念願してきたことです。
中国料理に魅力を感じながらも、なかなかその真味にたどりつきません。やっとその奥深さに気づいたようです。今なら学びたいことがある。近代化の波の中で消えてしまうかもしれない伝統菜や庶民の生活の知恵。今ならまだ間に合うかもしれない。そう考えて結論を出しました」

 店は順調です。予約を取るのがむずかしい店として知られています。その店を閉じるのは、損得勘定でいえば「得」なことではありません。店を閉じるには、若い人がたくさん働いているのだから、それぞれの身の振り方も考えなければなりません。イヤになるような煩瑣な日常があり、いろいろな面倒を押しても、それでも中国に「武者修行」しようというのです。
 それに、これは決定的なことですが、彼は決して若くはありません。異国の地で「武者修行」して身体を壊すことも考えられます。
 確かにこういうことは、料理人ならみんなやれたらいいな、と思っていることでしよう。けれども、そう誰にもやれることではありません。戻ってきたら、時の移りが早いご時勢なので、もう彼のことは、ひよっとしたら忘れられているかも知れません。彼とて、そうした不安が頭上を霞めないわけではないと思うのです。
 そのむかし、劇作家の木下順二さんが、「人形の家」のノラは家を出て幸せになったのかという設問を立て、幸せになったかどうかが問題ではなく、明日、ひょっこり戻ってくるかも知れないけれど、ノラはこの家を出て行った、という事実が大切なのだと言われたことがあります。そう言われたあと木下さんは、「それでも出て行く」という純粋、その緊張感がドラマなのだと言われていて、今回、宮本さんの文を読みながら、そのことをふいと思い起こしたのでした。
 宮本さんの「武者修行」への旅立ち、その純粋に、きっとみんなは拍手をして見送ることでしょう。しかし、その時拍手する人の中にも、いろんな複雑な思いがあることを、彼の料理が繊細なように、きっと彼は、一人ひとりの表情に鋭く読み取るに違いありません。
 それでも自分は行く、「今ならまだ間に合うかもしれない」思いに突き動かされ、どうしても行きたいという純粋、緊張感が、彼の次の料理を生むのだと思います。
 彼は一年間と言っているけれど、そのまま中国に居つくかも知れないし、横浜のどこかのホテルのスター料理人になって戻ってくるかも知れません。浜松に戻ってきてくれるに違いないと願いはするけれど・・・。
 先のことは分らないけれど、今ならまだ、彼の料理を賞味することができるし、その味を覚えた人、その一期一会に出会えた人は、これからの彼の消息に注目し、日本に戻った折には、草の根を分けても食べに行きたくなる、と思うのです。
 ぼくの古い友人、宮本静夫君の蛮勇に乾杯!
[PR]
# by sosakujo | 2006-09-15 04:15
加子母にて
 先週のあたまに加子母に行ってきました。そのあと東京で仕事があり、翌日から岡山内陸部の町に行きました。週明けから長野に3日間行って、そのあと熊本、鹿児島に行きます。走り回るのが習性になっていて、相変わらず落ち着かない日々を過ごしています。
 加子母ですが、市町村合併で中津川に編入され、中津川市加子母になりました。加子母村という呼称が好きだったので残念です。この加子母は、村民の一人ひとりが何らかのカタチで木や山と関わりを持っている村として知られ、森林組合の紐帯もつよく、あまたある全国の森林組合の中で特別な存在とされています。
 この加子母の森林組合を、吉野の岡橋清元さんたちのグループが訪ねるというので同行させていただきました。岡橋清元さんは、吉野・岡橋家第十七代目当主です。清光林業(株)の社長さんでもあります。江戸時代から吉野の山林を持ち続け、現在、千九百ヘクタールの”山持ち”さんです。吉野伝来の”山守り”さん50人と一緒に仕事をされています。
 清元さんのお父さんは、生涯で二度しか山へはむかわれなかったそうです。それは「”山守り”さんに安心して山の運営をまかせているよという意思表示と、山持ち当主が訪れると、山守りさんたちが、家や風呂を改築するなど気を使わせたからだ」(天野礼子「緑の時代をつくるために」より)といいます。
 以下、天野さんの文章(前掲)で紹介を続けますと、

 岡橋清元さんは、山守りさんらに「坊さん」「坊さん」といわれて育ったが、大学を卒業するとすぐに山へ行きたくなり、岐阜の石原林材に就職したり、岡橋林業という子会社を作ったりして、山守りさんたちに「坊さんは何を始めるやら・・」と不思議がられてい
た。しかし、「もういつまでもヘリコプター集材は通用しない」という危機感が強く、何とか次世代の吉野林業を確立したいと考える毎日だった。
そこで、ヘリコプター集材をしなくてよい路をつくってみようと、自分で路網づくりに挑戦した。それが、見事に(?)失敗したのが、1979年。これでは山守りさんたちに「やっぱり坊さんの道楽や」といわれて終わってしまう。
 その時、聞いたのが、大阪府で路網づくりに取り組む大橋慶三郎さんの存在だった。大橋氏は、地形図や地質や水系図をしっかりと読んで、危険なところをさけて、良い材を安全に、そして効果的に出せる路づくりのエキスパートであった。

 岡橋さんは、大橋慶三郎さんの路網づくりの実践者で、一般的にメーター当り30万円以上掛かるといわれる林道を、わずか7000円の費用で敷設されています。
 大橋林道を半端にやって失敗した話は幾つか耳にしていて、その事象から低く評価する人がいますが、岡橋さんは根気よく実践され、ここまで持ってこられました。
 この春、わたしが吉野を訪ねたときは雨が降っていました。雨水が、実にうまく分散して流されていて、急勾配の林道に関わらず、土砂の崩れはみられませんでした。大橋林道の要諦は雨をいかに流すかにある、ということを、そのときわたしは強く思ったのでした。
 その岡橋さんが仲間と一緒に加子母に来られるということで、わたしも仲間に加えていただきました。
 吉野も、加子母(東濃材)も、ブランドが通っている山です。加子母は吉野ほどではないので、ムク材だけでなく他のものも扱っていますが、それでも他の並材ばかりの山と比べると恵まれています。
 マイナスばかりの山は、凹むか、その逆境をバネにして他にないものを作ろうと努力しますが、プラス価値でやってきた吉野も、加子母も、努力はしてきたでしょうが、まあそこそこ売れてきたわけです。
 厳しい状況になったとき、プラスのところはマイナスになるばかりだから、結構つらいものがあります。その例として、磨き丸太で知られる京都の北山杉を挙げることができるでしょう。わたしは加子母での勉強会で、一時間ばかりの時間を与えられ、何か喋れということですので、そのあたりのことを少し掘り下げて申し述べたのでした。
[PR]
# by sosakujo | 2006-09-10 20:44
未必の故意
わたしは、アウトドアライターの天野礼子さんや京大の先生たちと「森里海連環学」に取り組んでいます。
その高知での会合の折、参加者みんなで近くの山の木を見に行きました。手入れされた山もありましたが、荒れるにまかせる山もありました。
同行いただいた京大の竹内典之教授が、そのときポツリといわれました。
「これは約束違反だな」
竹内さんは人工林の大家です。その彼が山を睨みながら、そういうのです。
氏は、荒れるに任せる現況だけでなく、山に木を植えた100年前の人までを問題にしています。密植して間伐するのが人工林の約束事で、植えた人は、代々墓を守るようにちゃんと約束を果たせ、それがやられていないのは、つまり「約束違反」だというのです。
激烈な言葉です。古武士のような厳しさに背筋がピンと張りました。
今、ユーロ高、石油高騰、中国の木材輸入増の影響を受けて、山元価格が上昇しています。売り時ということで山が走り出し、それが皆伐と直結した原因だといわれます。このところのさもしい現実は、何も山だけの話ではありませんけれど・・・。
始末がつかない話というのがあります。さしずめ、今の日本の山は始末がつかない状態に置かれています。だから皆伐でいいのかというと、それは清算主義というべきで、何ら始末をつけたことになりません。

しかし、これは一林家だけで解決するものではありません。近代が進行する中で、家族の土地からの離反ということもあります。財産であるうちはよかったものが、お荷物であることが分り、山に関心が薄れ、余計離れてしまったということもあります。物事をよく分っている知り合いの弁護士と話をしていたら、「ぼくのところも山がたくさんあるけれど、すべて放りぱなしになっている」ということを言われました。
仕方がない、という感じでした。「未必の故意ですね」と冗談で言ったらギョッとされました。
行為者が、罪となる事実の発生を積極的に意図、希望したわけではないが、自己の行為から、ある事実が発生するかもしれないことを、法律用語で「未必の故意」というなら、山が死んでいる今の状態は、山持ちの一種の故意によって生じているといえるのではないか——。
これを「約束違反」と断じるのはつらいけれど、野蛮にそういわないと、モラルにならないのかも知れません。

今から岐阜県の加子母村に行ってきます。交流を深めている吉野の岡橋さんと、そこでお会いするのが楽しみです。この人のお仕事を次回な紹介します。
[PR]
# by sosakujo | 2006-09-04 08:22
みどりのそよ風いい日だね
どうも週一回ということにはならないようですね。
ブログの名手、尊敬する秋山東一さんがおっしゃるように、
日記を書き始めたときと同じで、最初はこんなふうかも知れません。
どこまで続くか分らないけれど、今日も書いちゃいました。

テレビコマーシャルで子どもたちが歌う「みどりのそよ風いい日だね」というの、ご存知でしょうか。爽やかな高原で歌っているのではなくて、周りを家に囲まれた狭い敷地に立って歌っています。非常に奇異な印象を与えるコマーシャルですが、「みどりそよ風」が吹く家が、あの場所に本当に建つのでしょうか(北区Tさん60歳)という投書を大きく載せた全面広告が、全国紙に出ました。
この広告のボディコピーは、「はい、建ちます。旭化成へーベルハウスなら本当に建ちます(以下、長いコピーが続く)」とのことで、なるほど、うまいこと考えたものだと思わず笑ってしまいました。テレビコマーシャルでも続編がやられていて、狭い敷地に家が建ち、薄い、白いカーテンが揺れて、みどりのそよ風が入ってくるさまが映像化されていました。
旭化成の広告は「十年経った家をみてください」とか、ぼくがOMで考え、やっていたことを知ってか知らずか広告にしていた会社で、今回も、「通風シミュレーション『アリオス』を独自に開発。その敷地に吹く風の方位や強さ、窓の開閉などを入力することにより、家の中を流れる複雑な風の挙動を、二次元と三次元で高度にシミュレート。その家に最適な風の流れをつくる設計をしています」ときたものだ。
OMソーラーは、素敵なシミュレーション・プログラムを持っていますが、宝の持ち腐れで活かし切れていません。少なくとも不徹底です。OMの「M」をあらわす、もったいない話です。もう19年も前からやっているというのに……。
「空気からお湯をつくります」も、そうでした。知らぬ間に、電力さんが本家のようになっています。これも19年も前からやっていることであって、圧倒的な宣伝攻勢に、ただ呆然とし、漫然とし、食われているのです。
今回のへーベルの場合は、テレビで散々出しておいた狭い敷地に、へーベルの家を建て、それを展示場として公開しています。これは資金や何やの関係でモデルハウスを持てない、地域工務店がやってきた手法です。
旭化成が、こういうやり方で攻めてくることは、少し前には考えられなかったことです。大手は総合展示場が舞台で、いうならそれはオン・ステージであって、それに対し地域工務店はオン・ザ・コーナーでやってきたのでした。
[PR]
# by sosakujo | 2006-09-02 11:02