title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
電力抑制下、自然室温で暮らせる家 2.
新しいパンフれっとを作成中です。もう3ヶ月も掛けています。わたしは、スピードで知られていますので、一冊のパンフに3ヶ月も掛けるのは異例のことです。自分でも驚いています。それは3.11の事態を前に、しっかり考えて作らなければならない、という思いが働いてのことです。

今朝、エネルギー自給住宅の部分を書き直しました。これを持って、パンフの原稿は、ようやく終了しました。あとはイラストの仕上がりを待って印刷というところまでたどり着きました。最終的に全40pになりました。

このパンフ、前半に「建築でどこまでやれるか」を掲げ、「自然室温で過ごせないか」という設問を出しました。この部分で悪戦苦闘しました。OEMの荏原さんは何回もシミュレーションを繰り返し、不眠不休の日々が続きました。「自然室温で暮らせる家」は簡単でないのです。

早い話、「無暖房住宅」はあっても、世界を見回しても「無冷房住宅」はありません。事実上、無冷房で暮らしている人は、「無暖房」で暮らしている人より、はるかに多いことは確かです。南方の家は、ほとんどが無冷房住宅です。けれど、「無冷房住宅」を標榜する現代住宅は聞いたことがありません。

北方で始まった高断熱・高気密住宅ですが、夏の自然室温ということでは不利にしか働きません。人体や電気などの内部発熱で、室温が上がるからです。高断熱・高気密住宅は、一度入った熱を逃がさないようになっており、人の体温も、照明や煮炊の熱も、みんな取り込んでしまいます。夏には、カーテンで覆っていても、ちょっとした隙間から入った日射を取り込みます。

つまり、冬に有効に働いた内部発熱は、夏はデメリットに作用するのです。むろん冷房した場合、高断熱・高気密住宅の家が利きがいいのはいうまでもありません。しかし、自然室温で暮らそうとするとそれが最大のネックとなります。
厳密に見ると、断熱性能は建物の内外の熱移動の速度を緩やかにするだけで、建物を暖めたり、冷やしたりするのではないからです。        

夏に室温を下げる代表的な手段は、日除けと通風と換気です。
東京の夏の夜は、日本で最も不快です。しかし、東京の最低気温の平年値は24.2℃です。夜間は、東京でも快適温度の範囲内にあるのです。この時間帯は、したがって内部熱を、通風で除去(排熱)するのが有効です。

今の省エネの数値計算は、主としてQ値(熱損失係数)で計算します。Q値は、窓を閉め切った状態で計算します。この計算法では、通風も緑のカーテンも計算外です。
エコポイントで、省エネ空調機器が対象になっています。通風で涼を得るのが、本来一番の省エネである筈なのに対象外にされています。
熱負荷を低減する機器が省エネなのは、つまりQ値計算が根拠になっているからです。自転車より、プリウスの方がエコ的に評価されるのと同じです。

そんなわけで、Q値を頼りにしたのではラチがあかないことがハッキリしました。
そこで、「閉じた自然室温」ではなく、「開いた自然室温」という、新しい概念を提案することにしました。
Q値計算や熱の物性値だけでなく、自然力を生かして、よき室内気候を実現することを、「自然室温で暮らせる家」と呼ぶことにしました。閉じ切った自然ではなく、自然に開くことによって得られる「自然室温」です。   

風速1mの風に当たると気温が一度下がる」と言いますが、下がったのは体感温度であって、気温ではありません。ウチワや風鈴で涼しさを感じるのも体感温度です。
このあたりを、建築的な仕掛けによってどこまでやれるか、そのことに懸命になって挑んだのでした。(続く)
[PR]
by sosakujo | 2011-07-29 09:36
電力抑制下、自然室温で暮らせる家 1.
タイトルをテーマに掲げてプロジェクトが開始されて3ヶ月、この間、2回長時間にわたる検討会を開きました。ようやく、一つのカタチが生まれつつあります。わたしの方は、38ページのパンフレットをまとめていて、その原稿を今朝ほど、全部、書き上げました。おもしろいものになった、と思っています。

しかし、このテーマ、まとも過ぎませんか。
今夏は、6月から熱中症で亡くなる人もいて、その中でのこのテーマ。
自然室温とは、エアコンを回さないで、素の状態で過ごせる住まいをいいます。
熱工学者が専門用語として使っている言葉でもあり、一般的には馴染み難い言葉です。それをあえて持ち出したのは、この炎熱下、自然室温で暮らせる意味と価値です。

50年前までは、「自然室温で暮らせる家」は普通でした。エアコンが入っている家は稀で、エアコンは百貨店などの世界のものでした。ガンガンの冷房が、百貨店のお客へのもてなしでした。まだ電車も窓を開けて走っていました。夕方になると床几が出てきて、夕涼みしました。

その頃に戻ろうというのではありません。もう、戻れないと思います。
都市部の温度は年々高くなっており、昔のままではありません。窓を開けたら、隣りの室外機が唸りを立てていて、その熱が入ってきます。
ですから、今の時点で「自然室温で暮らせる家はユートピアだよ」という人がいます。

3.11を経て、住宅の仕事に関係していて、考えるところがたくさんあります。
日本の近代は、明治維新と、太平洋戦争の敗戦の大転換があり、今回は3回目の転換にあたると思います。20世紀文明そのものが問われている、と言った人がいますが、同感です。

これから何回か、このテーマで書くことにします。
[PR]
by sosakujo | 2011-07-22 16:03
津村書店のこと
スイス・フランス・スペインの旅から戻ってきましたが、そのあと、留守中の仕事が溜まりに溜まっていて、それに忙殺され、ブログを休んでいました。再開します。

先日、気象庁の1F奥にある津村書店に行ってきました。絶版になった『日本気候図』が一冊だけ残されていて、それを買うための訪問でした。ここは古本屋ではありませんので、稀少本も、発行当時の価格で売られています。津村本屋のことは、気象庁にいた友人から聞いていて、「おやじがおもしろい人」だと聞いていました。気象に関する書籍については、生き字引のような人だと言っていました。
品揃えが豊富なのもいいですね。官庁の書店では、農林業に関しては農林省の本屋の品揃えが、整理されておらず、雑然としていますが悪くありません。国交省の書店は???です。八重洲ブックセンターの方が揃っていると言う感じです。
気象庁の津村書店は、委託販売の本が少ないのか、返品されず残ってしまったのかよく分りませんが、よくぞ残っていてくれた、という本が結構あります。気象に関心のある人は、一度、覘いてください。入口の政府刊行書籍を販売しているところとは違うので、お間違いなく。入口でセキュリティがありますが、本屋さんの名前を告げると入れてくれます。
[PR]
by sosakujo | 2011-07-11 09:18