title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
原発の経済学
大島堅一さんの『再生可能エネルギーの政治経済学』(東洋経済新聞社)を読みました。原発は発電コストが安い、という話を根底から覆す本です。

今、言われている料金原価には、
1.発電に直接要する費用(燃料費、減価償却費、保守費など)
2.原発に特有の「バックエンド費用」(使用済み燃料再処理費、放射性廃棄物処分費、廃炉費)3.国からの資金投入(開発・立地のための財政支出)
4.事故に伴う被害と被害補償費
などは算入されていません。

エネルギーに関する国の財政出動の95%は原子力に向けられており、それは火力の106倍、水力の27倍に相当します。原子力はキロワットアワーあたり2円分を国が肩代わりしていて、「総単価」を電源別にみると、原子力10・68円.火力9・90円.水力7・26円.一般水力3・98円.揚水53・14円で、「原子力+揚水」は12・23円になります。

この本は、3.11前に書かれた本です。
今回の事故によって生じる損害賠償と、新たな地震対策を加えると、原発安価でないどころか、国民にとっては最も割高なエネルギーになり果てました。

今回の事故で、原発の「安全神話」は完全に崩壊しました。
もう新規立地は、全国どこでも無理でしょう。事故防止のコストが高くなり過ぎて、電力会社にとっても割に合わなくなります。古い原発は、今後次々と廃炉となっていくでしょうから、20年、30年という単位で考えると原発は細る一方です。
いま、原発に使われている国費を、「脱原発」に転じ、再生可能エネルギーに回せば、年間4000億円ぐらいの予算が生まれます。さらに再処理費をやめれば、その分の11兆円も回せます。

このようなことを、しっかり分析、立証している本です。
[PR]
by sosakujo | 2011-04-30 08:55
全国縦断セミナー完了の報
4/13の名古屋を皮切りに、大阪・福岡・札幌・東京と開催してきましたセミナー、無事、完了することができました。各地盛会で、昨日の東京会場は70名の定員に100名近い方が参加されました。参加者・講師陣・関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

この企画は、3.11前に企画したことから、急遽、地震学者の島村英紀さんに登壇いただくことになりました。講師陣はほかに、既存建物耐震補強研究会の保坂貴司氏、EOMの荏原幸久氏、それと私の4人でした。
大要を報告しておきます。

島村英紀さんのお話
最初に、しばしばこの国を襲う化物(地震)の正体について解かれました。世界全体を見渡すと、地震は実に不公平に起こっているといわれ、プレート型と内陸型の地震の、それぞれの性格を分かりやすく解かれました。
地震や火山、台風などの地球活動は、一方でこの国の自然景観をつくってきました。
1/17の神戸の勉強会で、尾池和夫(京都大学前総長)さんは、それを「変動帯の文化」といわれました。島村さんのお話を聞きながら、大地不変の文化の違い、この列島の宿命ということに思いが至りました。
島村講義で興味深かったのは、活断層の話でした。
活断層は、東京・千葉・茨城に、ほとんどありません。ないのではなく、分かっていないだけのことだよ、と島村さんは指摘されました。南関東の、いわゆる関東ロームは、富士山や箱根の火山活動の降灰によるもので、その下の地層は対象になりません。活断層は、見えて確認されるものでないと対象とされないのです。埼玉・千葉・茨城も、利根川や荒川、那珂川などの洪水、氾濫による堆積物の下に断層が眠っている可能性は否定できません。そもそも2000程度確認されている活断層自体を、気象庁は100しか発表していません。
島村さんのお話でもう一つ興味深かったのは、今回の地震の性格でした。M9.0に驚き、圧倒的な津波の威力に言葉を失いましたが、浦安や、神奈川の金沢文庫などで手酷い液状化現象は見られましたが、阪神淡路大震災などと全体を比較すると、壊滅的な建物破壊は免れました。
実は私は、地震直後にそのことについて、このブログに書き、地震後10日間でまとめた〈地震ノート〉の巻頭に掲載したものですから、果たしてどうなのか気になっていました。島村さんから、方向としては間違いないといわれ、ホッとしました。

今回の地震は津波地震でした。
死亡者の9割は、水死(溺死)によると報道されていますが、津波研究者の山下和男さんは、実際には打撲死だと言われています。
阪神淡路大震災は、地震から14分以内に92%の人が、建物倒壊で亡くなりました。圧死・窒息死でした。
関東大震災は、死者12万人、避難者190万人を数えましたが、火災による死亡者が多数を占めました。地震がおこった時間・地形・地盤・気象によって、被害は大きな影響を受けます。神戸は、朝の5:46に起き、関東大震災は昼食を作っている時間に起き、折から能登沖を進んでいた台風の影響で15mの風が関東に吹いていました。小さい地震でも侮れない、と島村さんはいわれました。

地震とは何なのか、その基本的なことを、この機会に勉強できたのはよかったと思っています。島村さんには、最初から終わりまで行動を共にしていただき、その謙虚にして高潔、深い知見と洞察力に触れ、人格的感銘を深くしました。

保坂貴司さんの話
耐震改修の実践者の目で、今回の地震を見てこられた現場報告がありました。壊れた建物の原因をつぶさに検証され、臨場感あるご報告でした。保坂さんは、耐震性能と共に劣化対策の重要性を指摘されました。これは、今後の既存住宅の制度策定の重要ポイントとなることでしょう。
保坂講義のポイントは、土地調査の重要性と、耐震診断・改修から、構造診断・改修へという指摘にありました。今の耐震は、壁耐力が基本となっており、基礎と表層地盤の把握が重要との報告は、今後の既存改修の大きな問題となるものです

荏原幸久さんの話
荏原さんとは長い仲であり、盟友です。この人は、住まいの熱の実践家として45年の経験を持っています。一歩踏み込んだ建築材料の見方・考え方を示されました。工務店は、強度や室内空気質に影響を及ぼすものは問題にするけれど、材料が持つ熱的性能を把握しているかどうか。荏原さんは、建築材料の熱的データをずっと扱ってきた人なので説得力ある話になりました。気象も、熱取得もデータ化され、そのことによって、バランスのいい室内気候を実現する道筋を解かれました。また今回は、壁一体型ソーラーの特別の提案が行われました。「究極の節電技術」というべきものです。

わたしの話
今回の震災は、津波震災であると同時に原発震災でした。チェルノブイリと同じレベル7に引き上げられました。レベル7でも、チェルノブイリとは違うといわれていますが、こちらはまだ現在進行形です。原発事故は、スロー・デス(時間を掛けてやってくる死)だといわれます。

もう原発は、いままでのようにはやれない、ということを申し上げました。落ち着くとアメリカもフランスも中国もやっている、日本はエネルギーで取り残される、とキャンペーンを張って、推進論者が鎌首をもたげることでしょうし、政治地図を見ると、共産党と社民党を除いては、基本的には推進です。けれど、地震が多発する狭い国土で原発でいいのかどうか、国民はこりごりの思いを持っています。
何が低コストなものですか、環境にいいですか。
大きなツケを国民の懐にも、地球環境にも及ぼしたのが、今回の原発震災でした。
わたしは、「地方の反乱」によって、新規のものはまずやれないと思っており、エネルギー主権は、地方に移ると見ています

住宅業界は、電力に歩調を合わせて、その膨張に加担してきました。
「オール電化」2002年13,000戸→ 2010年853,000戸に増加しています。
お湯も、煮炊きも、暖冷房も、電気に支配される生活を受け入れてきたのです。電力の原発100基構想が前提としてあり、その伴走を務めたのです。

町の工務店ネットは、『住まいを予防医学する本』で、原発について、かなり踏み込んで書き、わたしは「オール電化」否定論者でやってきました。今回の結果について、にわか仕込みでなく、それを正当に批判できる立場にあると思っています。
予防医学の本に、チェーホフの「煙草の害について」を翻案した一文を載せましたが、あの文章は、実は原発批判が背景にあります。この本を持っている人は、ぜひ読み直してみてください。

この夏、電気事業法27条の発動があるかも知れず、大停電の可能性は否定できません。
昨年、熱中症の多発しました。辺見庸は『朝日ジャーナル』に、身近にいた老人Aのことを書いています。その老人は「暑いではなく、熱い」と言って亡くなったそうです。死後、腸の温度を測ったら39度あったそうです。

わたしは講演のなかで、1965年以前 開放型の住宅に戻れるだろうか、と問題提起を行いました。それは、自然と、建物と応答しながら得ていた快適でした。夏は窓を開け放ち、冬は部屋を小割にし、多層建具で寒さをしのぎました。
そこに戻れるか。むずかしいと申し上げました。
ヒートアイランドと電気への依存。閉じる型住居になっているからです。

欲しいのは何か。持論であるエンド・ユース・アプローチ(エネルギーは最終用途の側から考える)
についてお話しました。
建物のエネルギーの6割以上は熱。低レベルな熱。高度なエネルギーは、パソコンや通信などで必要。暖房・冷房は、可能な限り建物で解決すへきだと、大事なのは設計だと。
冬は、日射取入れ。昼のおひさまを夜間にも。干したお布団は暖かいと。
夏は、日射遮蔽。高断熱・高気密の家は、一度入った熱はそのまま室内に溜まるので、であり入れないことが基本。日影図のシミュレーションを行い、庇・緑のスクリーンなど、おもしろい建築の仕掛けによって解決する、新しい住まいの衣替え(夏と冬のモードの転換)を行うのだと申し上げました。

今回、EOMが提案してくれたeソーラーは、押し込み換気(24時間)できる技術です、夏の日陰の外気を室内に導入という荒技があって、えっ! と声が挙がる提案でした。
夕方、水を打つと涼風を呼びます。その空気を室内に導きます。エアコンの冷たい空気は重いのでコンクリ土間の蓄冷に回ります。熱帯夜でも寝苦しくない夜を過ごすことができます。いい風が吹いている日は通風で涼を得ながら、熱帯夜は冷房を回し、それを蓄冷して翌日の昼にも生かすという方法です。
自然と、建物への応答系技術の復活を意味する技術であり、壁利用であることから、屋根は空いているので、太陽光発電や太陽熱給湯器を設置することもできます。

OMソーラーは、屋根一体型の設計でしたが、こちらは壁一体型設計です。夏に効果を得られる技術であることから、大きく普及する可能性を持っています。大きく化ける技術になるかも知れない、と感じており、この直観は、セミナー参加者の反応で確かめることができました。セミナーでは、大きな注目が寄せられ、これに取り組む町の工務店ネットへの加入が続出しています。

「チームおひさま」を発足させましたので、この取り組みについては、これからいよいよ本格的に取り組みます。熱い夏になりそうです。
[PR]
by sosakujo | 2011-04-23 08:20
「チームおひさま」が発足しました
ブログ、少しばかり間が空きました。
町の工務店ネットのセミナーがあり、旅先で幾つかの原稿を書かなければならず、それで空いてしまいました。セミナーは、名古屋・大阪・福岡で開きました。
名古屋のセミナーに合わせて、「地震ノート」という小冊子が発行されました。〈地震年表」を入れました。これまでの「地震年表」は、『日本書紀』の記述から始まりましたが、今回は地震考古学の成果を活かし、縄文時代の地震も出ています。短時間でまとめたにしては、なかなかいい出来だと、何人かから言われています。

セミナーは、どこも盛況でした。
このあと、札幌・東京とセミナーは続きますが、東京は定員オーバーになりました。地震とエネルギー問題に焦点を絞ったのが、よかったのかも知れません。

この間に「チームおひさま」を発足させました。このことを、新建ハウジングの「プラスワン」5月号に書きました。
もう、新規の原発はやめるべきです。というより、つくれないと思います。ほとぼりが冷めると、多分、鎌首をもたげてくるでしょうし、オバマの意向もあり、政治地図的には、中央政界は原発推進ということでしょうが、地方がそれを許さないと思います。エネルギー主権は、地方に移ります。
では、原発に代わるエネルギーは何かとなりますが、太陽光発電に傾斜するでしょうね。それでいいのかどか、ほかにやり方はないのか、「チームおひさま」は、それをテーマにします。

自然エネルギー利用によって、ゼロ・エネルギーを実現することは可能です。
しかし、コスト。パフォーマンスが合いません。大きな普及を得るには、やはりコストが決定的です。自然エネルギーを基本にしながら、80万円程度のイニシャルコストで冷暖房を可能にする技術の実現をはかろうと考え射程距離に入りました。この技術は、主として夏対策の技術です。

フクシマ原発事故は、依然として深刻です。この夏、政府は電気事業法27条を発動するといわれていますが、計画停電であっても、灼熱地獄を呼び、高齢者の熱中症を招くことになると思います。予期しない大停電は、真夏日に起きるでしょうから、ほんとうに大変だと思います。
かつて、日本の家は通風によって涼を得ていましたが、力任せのやり方が主流となりました。元に戻れるかというと簡単ではありません。

パッシブで、低エネルギーな技術が切に求められています。もっというと、この夏に求められるのは「究極の節電技術」なのではないでしょうか。
『チームおひさま」は、このむずかしいテーマにチャレンジしています。
くわしい内容は、これから追々ご紹介していきます。
[PR]
by sosakujo | 2011-04-19 17:15
ソルトン分裂による、黒い津波
宮古を襲った津波は、真っ黒でした。一番最初に報じられ、翌朝の新聞の一面にでた津波は、仙台の若林区に押し寄せた津波で、宮古の津波と色が違っていました。
その原因は何なのか、素人が軽々に言うことではなく、知っている人に教えて欲しくて書くのだけれど、巷間伝えられるソルトン分裂によるものなのでしょうか。

今回の大津波は、ソルトン分裂(破状性段破)という性質を持ち、それは、海の表面だけが動く波と異なり、海の底から水が動いて上がり、それを幾度も繰り返しながら海岸近くで波が高くせり上り、波状的に圧力を増す現象をいうそうです。
宮古の海は昆布と若布が豊富で、殊に重茂(おもえ)の天然若布は、天下一品です。それを津波が海の底から根こそぎ攫い、それであんなに黒い色をしていたのでは、と推量しました。

今、私の事務所で、、『地震ノート』というタイトルをつけた、16pの小冊子をまとめています。
この小冊子で、今回の地震が持つ不思議を、幾つか指摘しました。ソルトン分裂もその一つですし、周期1秒前後の「キラーパルス」についても触れました。

今回の地震の揺れの強さは最大2933ガルという猛烈なもので、これは阪神・淡路大震災の最大818ガルを大きく上回ります。にもかかわらず、建物被害の面からみると、東京浦安での液状化や、局所的被害は見られるものの、広域にわたる壊滅的被害は免れています。住宅レベルに多大な被害をもたらす、「キラーパルス」が、阪神淡路の2~3割と小さかったことが、その理由だという学説があって、これが原因なのでは、と考えました。

この小冊子に、地震年表を入れました。これまでの地震年表は、『日本書紀』の記述をもって始まるのが多いのですが、今回は、地震考古学の成果を取り入れ、有史以前の地震についても年表化しました。
11日に刷り上る予定です。
[PR]
by sosakujo | 2011-04-04 17:44