title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
クライストチャーチ地震となまずバッジ
ニュージーランドのクライストチャーチで地震がありした。
神戸と同じで、地震は耐震が弱いところを、間違いなく襲ってくるということです。

昨日、今日と水戸・つくばで講演で来ております。
何気な昨夜7時のニュースを見ておりましたら、東大の神田順教授が、クライスチャーチの地震談話のため、「なまずバッジ」を胸につけて出ておられました。神田教授は、神戸で開いた「耐震改修大勉強会」の講師の一人でありました。
また、国会では大畠章宏国交大臣が、やはりこのバッジをつけて答弁に立っておられました。

大畠大臣と「なまずバッジ」に関しては、国交省の知り合いからメールをいただいていて、それで知っていました。

その次第は、先の神戸の耐震勉強会の運営委員団体が大臣のところに陳情に行かれ、その折、陳情者の襟バッジを目にとめられて、大臣がそれはなんだという話になり、耐震について神戸で会議をしたときのもので、こんなこともやっているんですと返事されたところ、ほお~ということになり、バッジを大臣にプレゼントされ、それを大臣は襟につけて国会に臨まれたのです。
クライスチャーチの地震が起こる前のことでしたので、タイミングがいいと言っては何ですが、バッジの効果ありということでした。

しかし、今回の報道を見ていますと、地震が起こると報道するということではいけないのではないか、と思われてなりません。住宅の耐震化の遅れは致命的なことになる、という教訓に何故学べないのか、日本のマスコミには腹立たしささえ覚えています。
[PR]
by sosakujo | 2011-02-24 05:33
本のこと、映画のこと
耐震会議のあと、横に置いておいた仕事に追われブログをお留守にしていました。この間、中東では大変化が起こりました。あのムバラクが、あのカダフィがと驚いていますが、エネルギー問題に影響必至です。

閉口するほど多忙でしたが、夜明けの読書とDVDの観賞は、ちゃっかり時間を確保しました。
堀田善衛がモンテーニュを描いた『ミシエル城館の人』(全3巻)を読み出したら、モンテーニュの『エセー』を読みたくなり、ついで保苅瑞穂の『モンテーニュ私記』を読みました。次から次に本が手に入るのは、webで検索できるからで、古本だと何百円という値段で買うことができますので。
堀田善衛の本は、4巻に及ぶ『ゴヤ』も、『定家明月記私抄』も、『路上の人』も読んでいて、エッセイもたいがいのものは読んでいます。『びお』の佐塚編集長(私は編集人になり、後ろに引っ込みました)に、分厚い『ゴヤ』を渡したら読み出して、おもしろいと言ってくれています。ヨーロッパとは何か、ということが分る本です。それを反射鏡にして、堀田は中世の日本を書いたのでした。そうしてまた、堀田のスペインからはイスラムが遠望でき、今の事態をその目で見ると、テレビ報道とは違う世界が見て取れます。

DVDの『モディリアーニ』を見ました。
モディリアーニをアンディ・ガルシアが、 ジャンヌをエルザ・ジルベスタインが演じています。
もうかなり前に、なりますが、二枚目ジェラール・フィリップがモディリアーニを演じた『モンパルナスの灯』を見ています。こちらはジャンヌをアヌーク・エーメが演じていました。死の床からモディリアーニの絵を安く買い上げる画商をリノ・バンチェロが演じていました。その画面が、妙に記憶に残っています。

両作品とも、天下の二枚目が演じていますが、本人の写真をみると、二人ほど二枚目ではないようです。
新しい映画の方は、ピカソ、スーチン、ユトリロとの交友のエピソードがたくさん盛り込まれていて、飽きさせません。殊にピカソの車で郊外の別荘にいるオーギュスト・ルノワールを訪ねるシーンがおもしろく、腹を抱えて笑ってしまいました。どこまで本当なのか疑うところ少なくありませんが、昨年の『龍馬伝』ほどひどくはありませんでした。

ジェラール・フィリップは、クロード・オータン=ララ監督の『肉体の悪魔』の印象が強く、アンディ・ガルシアは,何と言っても『ロルカ、暗殺の丘 』ですね。ぼくは、アンダルシア地方のフエンテ・ヴァケーロス村にあるロルカの生家まで足を運んでいますので、この映画は興味津々でした。
リノ・バンチェロといえば『シシリアン』ですが、最近のテレビドラマの『レ・ミゼラブル』(これもDVDになっています)が、まあまあでした。
[PR]
by sosakujo | 2011-02-22 18:07