title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
神戸から 3
 阪神淡路大震災から16年目の1月17日、“木の家”耐震改修推進会議 〈大勉強会 in 神戸〉が、神戸国際会議場において開かれました。

 新幹線が1時間40分も遅れるなど、非常な悪条件に見舞われましたが、参加者は当初の予定を大きく上回り、本会場の大ホールと別に、第二(中継)会場が設けられ、全参加者は1003名を数えました。住宅耐震化をテーマとするイベントとしては空前の数の参加者となりました。
関係者の方々の労を多とします。

午前のプログラムは、休憩なしの9時~12時までのスケジュールでしたが、密度が濃く、あっという間にお昼だったという声が寄せられました。

午後は、5つの分科会に分かれて、いろいろな議論が繰り広げられました。
講師陣は全部で50名近く、10月からの準備期間を考えると、よくやったねとお褒めの言葉をいただきました。

フィナーレは、舞台に運営委員が勢揃いし、天野礼子議長代理によって「阪神淡路大震災から16年目の“千人宣言”」が読み上げられ、満場一致で採択されました。
そのあと、郡裕美さんによるインスタレーションの上演があり、草野満代さんの朗読、関西フィルハーモニーの太田道宏さんによるチェロ、革島玲奈さんのピアノによる演奏があり、地元の須磨ノ浦女子高等学校新体操部による演技がありました。

取り急ぎ、千人宣言書を紹介しておきます。
全体としての意思の表明ということで、この種の宣言はつきものですが、実は耐震化率95%の是非について、分科会の中で掘り下げて議論されています。今朝、分科会1のパネラーである神田順さん(東京大学教授)からわたしに寄せられたメールでは、ここまで議論されたのか、と驚くべき内容の報告があり、このイベントを準備した者として嬉しいことでした。
建前と本音ということでは、今回わたしは本音の議論を期待したからです。

だから、この議論をこれからどう展開するのか、できるのか、そこが課題です。
しかし、今の無関心な状況を考えると、まずは耐震化への意思を社会表明しなければならず、この種の宣言の必要は、公式的には、それなりにあるものと思っております。
いかがなものでしょうか。


“木の家”耐震改修推進会議 
〈大勉強会 in 神戸〉
阪神淡路大震災「16年目の千人宣言」
2011.1.17 於:神戸国際会議場

近年の列島各地での集中豪雨による土砂災害は、森林面積の4割、1千万ヘクタールの人工林の手入れ不足が原因です。一方、都市では大地震が起これば倒壊する可能性が高い住宅が、未だ数百万戸も残されています。私たちは、この〈森〉と〈都市〉の間に横たわる、林業と住宅の耐震化の課題を省みてこなかったことを反省すべきでしょう。

1995年1月17日午前5時46分52秒、淡路島北部沖の明石海峡を震源とする兵庫県南部地震が発生しました。地震の規模はマグニチュード7.3。この大地震により6,434人が亡くなり、249,180戸の建物が全半壊しました。最大の人的被害をもたらしたのは、建物倒壊による圧死、窒息死でした。地震勃発からわずか14分間に92%の人が亡くなりました。
この阪神淡路大震災から、今年で16年目を数えます。震災の記憶は遠のき、風化が伝えられています。しかし、日本列島各地において近30年のうちにも予想される大地震、そしてこれから500年間にも及ぶ活断層活動期を考慮すると、今こそあの震災の記憶を呼び覚まし、その教訓に学ぶことがもとめられており、全土での耐震改修の取り組みが急がれています。しかしながら、様々な対策が講じられているものの、住宅耐震化の取り組みは、実際には遅々として進んでおりません。このままでは、同じ過ちを繰り返す可能性が大です。
私たち工務店・大工・設計士・研究者・住宅産業関係者・林業木材関係者・行政関係者等は、阪神淡路大震災から16年目の本日、この神戸に全国から結集し、〈耐震改修 大勉強会〉を開催しました。〈大勉強会〉は、全体会議と五つの分科会に分かれて熱心に勉強を繰り広げました。高齢者の住宅をいかに耐震改修するかといった難題から、地域の地震防災対策、耐震診断・耐震補強のノウハウ、自然エネルギー利用、木の家の本格改修とその制度化の問題、〈山〉と〈町〉との提携など広範囲な内容に及んで、それらに対する指針と知恵と大いなる勇気を得ました。
私たちは、この〈大勉強会〉で学び、深め合ったことを、これから地域活動に生かし、それぞれの地域において、地震災害につよい〈家づくり・町づくり〉を進めます。とりわけ住宅耐震化については、昨年(2010年6月)閣議決定された「新成長戦略」の数値目標「2020年までに非耐震化5%」――即ち「耐震化95%」を達成することに率先して取り組みます。
日本列島の、いつ、どこで発生するか分からない大地震ですが、阪神淡路大震災を機に本格化したボランティア活動の流れを発展させるため、私たちは、レスキュー隊・医療救助隊の後を受けて、大地震時には現地災害対策本部と連携をはかる〈大工お助け隊〉の結成を進めます。
半壊建物は、余震の心配がつきまといます。これを筋交いなどで補強を施すと、すぐに住めないまでも、建物の倒壊を防ぐことが出来ます。建物が倒壊しなければ、道路を塞ぐことなく、早急に改修に着手することが可能となり、仮設住宅での居住も短期間で済ませられます。

この勉強会に結集した千人の参加者は、自己に課せられた職能を十全に発揮し、以て、森林・林業再生をはかり、地震などの災害につよい〈木の家づくり〉を進めて行くことを誓います。

2011年1月17日 〈大勉強会in神戸〉参加者一同
[PR]
by sosakujo | 2011-01-18 06:26
神戸から2
阪神淡路大震災から16年目の「市民のつどい」に出てきました。
朝、4時50分を出発して会場につきましたら、もうたくさんの人が集まっていました。町の工務店ネットのメンバーもたくさん来ていて、みんな厚着していて、重装備でした。黙祷を捧げて、献花して戻ってきました。お風呂に入って、そのあと神戸国際会議場に向います。

雪で交通事情がどうなのか、ニュースが気になります。
[PR]
by sosakujo | 2011-01-17 06:27
神戸から 1.
日本列島を寒波が包んでいます。
昨日、夕刻に車で神戸入りしましたが、道路事情は悪くありませんでした。
けれど、今朝のニュースを見ると、日本海側を中心に大雪になる模様で、果たして、1000名を超える参加者が無事会場に辿りつけるのか心配です。参加者の方には、時間に余裕を見て、一本、二本、早い便で出発されますようお願いします。

今日は、日中は町の工務店ネットのセミナーと総会を開き、夕刻から、神戸国際会議場でリハーサルです。

住宅の耐震化について、このところあれこれ頭を巡らせていますが、耐震化問題は、林業における「放置林」の問題と似ているように思います。
「放置林」という言葉は、自然林ではいいません。人工林だけでいいます。
人工林は、密植して間伐することを前提にした林業です。
これを怠り「放置」すると、山は荒れます。この荒廃は、豪雨の際に現れたり、杉花粉になって襲います。
今年の杉花粉は例年の10倍ということで、花粉症の人はうんざりでしょうが、昨年夏の異常気象と、「放置林」による影響によるものとされます。

住宅建築も、人工的なものであり、人が造ったものです。
それが大地震に耐えられずに壊れるとしたら、その結果責任は、専門家が負うべきことです。
木を植えておいて「放置」するのが罪なように、建物が原因で犠牲を強いるとしたら、建築の罪です。

日本の住宅の8割は工務店が造っています。
自分が建てたものでないからと責任は免れるのか。
倒壊する可能性の高い住宅はあまたあり、耐震化は遅々として進んでいません。
30年以内に想定される大地震の確率は、多くの地域で50%を超えるというのに、このままでいいのかどうか。

住宅の耐震化問題は、地域問題の性質を持っており、地域工務店を標榜する以上、知らないで済まされることではないという自覚が必要です。
そんなこと言われても困る、というなかれ、それが職業意識というものだと思います。
林業家が「放置林」に無関心でいられないように、医者が病気の拡大に職能を発揮するように、建築屋は、耐震に問題があり、あるいは劣化していて倒壊の可能性が高い住宅は、即刻、直すべきです。景気が悪いと嘆く前に、足元に仕事はあります。
行政とよく相談して、地域の地震防災に取り組んでほしいと思います。

今回の勉強会は、工務店・設計士と共に、行政関係者が多数参加されます。
率直に意見交換がなされ、いい議論ができたら、と願ってやみません。

天候が、今の一番の心配です。
[PR]
by sosakujo | 2011-01-16 05:35
神戸へ
阪神淡路大震災から16年目の神戸で、町の工務店ネットの総会と、耐震改修推進会議の勉強会が開かれます。準備がいろいろあり、今日のお昼に車で出発します。関西は雪が舞っているそうですが、高速道路は動いているようです。

昨夜は、準備のため徹夜する社員もいました。5人の社員のうち、実質2人の要員でこなすのは、もともとムリなことでしたが、何とかここまで来ました。
わたしの分担の総会の「基調報告書」(51p)も、進行台本も、正月中、ずっとパソコンに向って作業して、何とかまとまりました。暮れに進めていた、勉強会の報告集(380P)も、20pじゃばら折のリーフレットも印刷が上がりました。

安全運転で出発します。
[PR]
by sosakujo | 2011-01-15 10:40
1000人宣言へ
17日開催の〈耐震改修 大勉強会in神戸〉ですが、神戸国際会議場大ホールの定員700名を超え、国際会議室を利用しての中継第二会場もオーバーする可能性が出てきました。

11月中旬に募集を開始したときには、耐震は難しい、耐震では人は集まらないといわれていました。
東京で開くならまだしも、神戸まで交通費を掛け、参加費1万円を払って人が集まるわけがない、という意見もあり、真底、大丈夫かと心配されましたが予想以上の動きとなっています。

今、当日の神戸アピールを書き出しています。参加者千人による宣言だから、「2011.1.17千人宣言」とタイトルをつけました。フィナーレで天野礼子さんに朗読していただきます。
明後日、神戸で記者会見を予定していて、そこでもこの宣言のことに少し触れようと思っています。

フィナーレは、ニューヨークやベルリンで個展をやっている郡裕美さんにアート・インスタレーションをやっていただきます。新体操の選手に登場してもらうということで、全国大会で活躍されている須磨ノ浦女子高等学校の新体操部に、記者会見の後、お願いにあがります。セットの場面転換は、神戸芸術工科大学の小玉研究室のメンバーにお願いしました。大道具は、町の工務店ネットの金丸工務店さんがトラックで神戸にいらっしゃるということで、それに便乗して制作までお願いしました。

実質、あと5日間なので、まあ、大変です。
報告・資料集は、もう印刷に回しました。全部で380ページの厚さになりました。雑誌2冊分のヴォリュームです。
実は、この前日に町の工務店ネットの記念セミナーと総会があります。この準備も重なっているのです。
[PR]
by sosakujo | 2011-01-09 14:35
神戸の耐震勉強会、定員オーバーに
明けましておめでとうございます。

この正月は、17日に開催する〈耐震改修 大勉強会in神戸〉の準備で、進行台本を書いたりして過ごしました。
フィナーレで、元NHKアナウンサーの草野満代さんに、阪神淡路大震災の被災者の手記を読んでいただくことになっていて、その選択のために、手記・詩歌など、ずいぶんたくさん読みました。

16年前のことだけど、人の記憶が失われるのは早く、震災の風化が伝えられています。

昨日のNHK教育テレビで、江戸安政の東南海地震のことが取り上げられていましたが、その中で、震災を伝えるのは、その街の責任だという話があって、印象に残りました。

肝心の〈大勉強会〉の参加者は、神戸国際会議場の定員700名を上回る流れになっており、第二(中継)会場を設けることにな
りました。嬉しい悲鳴です。
耐震化は、むずかしいテーマで300名も集まればいい線、といわれていましたので、予想を上回る参加者の数です。webサイト t95.jp
をご覧ください。中継会場になりますが、まだ、少し枠があります。
分科会は、定員オーバーになることなく、バランスよく参加いただいています。

当日の企画運営に集中して取り組みます。
皆さん、神戸で会いましょう。
[PR]
by sosakujo | 2011-01-05 11:47