title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
海老蔵という役者について考える
 「海老蔵事件」は、新年を前にグレーのまま、ひとまず決着がつけられました。
  この機会に、第十一代目市川海老蔵という役者について述べます。

 この役者のことは、『外郎売』で市川新之助を襲名し、『助六由縁江戸桜』の助六で海老蔵を襲名したという知識はあるものの、わたしが歌舞伎座に足を運んだときは、いつも端役でつよい印象を持っていませんでした。
  NHKの大河ドラマ『武蔵』は、最初見ていましたが、お通役の米倉涼子もミスキャストだということと、海老蔵の武蔵の目をひん剥く芸に嫌気がさし、4~5回で見なくなりました。一声、二顔、三姿という、元祖「海老さま」の祖父・十一代目市川團十郎譲りの資質を揃えた役者といわれているけれど、ちょっと大変だな、という印象でした。

 この夏、NHKで海老蔵をドキュメンタリーで追う番組があり、それは見ました。しかし、目をひん剥く芸は相変わらずで、それを誉めそやすかのようなNHKのお追従に疑問を感じました。荒事は、決して目をひん剥く芸にあるのではありません。

  ぼくは、荒事の世界を、少し遠い話ですが、運慶、快慶の金剛力士像にみます。
  運慶、快慶は、堂衆と呼ばれる身分の低い造仏師でした。堂衆は、寺内の運営実務にあたった僧侶身分をさしますが、運慶が所属した興福寺は、国内の武士を自寺の衆徒として組み入れるに際し、この身分を置きました。運慶の仏像は、平安後期に都でもてはやされた、円満で穏やかな表情に対し、男性的な表情、変化に富んだ衣文、量感に富む力強い体躯という特徴を持っています。
  その姿は、東大寺南大門の金剛力士(仁王)像に見ることができます。この仁王の造営には、快慶も参加しています。

  独創性にあふれた運慶と、その陰で高い精神 性を発揮した快慶と評されますが、あの仁王さまには、目をひん剥くだけでない、深い悲しみがあります。それは多分、運慶の置かれた身分が影響していたと思われます。
  銀閣寺の庭をつくった善阿弥も、能の世阿弥もそうですが、当時の彼らが置かれた立場とその憤懣の日常が、仏像に、庭に、舞台に、吹き出たのだと思います。それは噴出というのと違う抑制的なもので、それが南大門の金剛力士像の悲しみを生んでいるのだと思います。世阿弥の『土蜘蛛』にも、それを感じます。彼らは時代を深く生きた人たちでした。
  運慶は、あの仁王さまの作者であると同時に、興福寺にある「無著菩薩立像」や「世親菩薩立像」の作者でもあることを知っておきたいと思います。

  あえていえば、運慶は世話物と荒事の両方をやってのけたのでした。

  海老蔵は、世話物をやらせると大根役者だという評があります。
  テレビの「いいわけインタビュー」を見ながら、 しきりに悲劇を演じているのに、何も悲しみが伝わってこないのを見て、大根役者といわれる理由が分りました。内面の空虚さが外に出ていました。

  この先、海老蔵は、荒事を封印して世話物に専念してはどうかと思います。しかるのちに、荒事に戻ってきたら、ただ目をひん剥くだけではない演技が出来るようになるのでは、と思います。本当は、下積みの、これはという役者がやる方がいいと思いますが・・・。
  門外漢のお節介ですが、そんなことを感じています。
[PR]
by sosakujo | 2010-12-30 09:50
神戸へ。菅総理のビデオ・メッセージ
1月17日の神戸の〈耐震推進 大勉強会〉まで、20日余りを残すだけとなりました。
やらなければならない作業があって、個人的な野暮用にも追われていて、まことに慌ただしく過ごしております。

先日、官邸を訪ねて菅総理から、〈大勉強会〉当日の参加者に寄せるビデオメッセージの収録を行いました。官邸は2回目の訪問になりますが、今回は総理の執務室に隣接する部屋ということで、幾分、緊張しました。

今回の〈大勉強会〉は、国交省や農林省の後援を得ていますが、民間団体の主催のものです。
いうなら、一民間の耐震の勉強会に総理大臣から、挨拶文ではなく、直にビデオメッセージをいただいたわけで、改めて考えてみたら、これはかなり異例のことのようです。

それだけこの総理が、住宅の耐震化に熱意を持っているわけです。政争に追われ、何がやりたいのか分らないというマスコミの報道とは違う、もう一人の菅さんがそこにいました。
メッセージの内容は明かせませんが、なかなか内容のある話でした。
[PR]
by sosakujo | 2010-12-24 13:05
来年の七十二候カレンダー
来年の「七十二候カレンダー」が出来ました。
「七十二候」なので、一週間、一ヶ月という単位ではなく、5日ごとのカレンダーです。ぼくは一年目に連載を担当したのでよく分りますが、季節の旬は、まことに見事に5日ごとに刻まれています。

小川未明に、時計なんてなくったっていいじゃないか、という詩がありますが、時間やカレンダーに支配されないで、自然をただ満喫しながら暮らせたらいいな、と思いますが、現実はなかなかそうは行きません。

来年のものは、この夏まで、「花々舎の花」です。
このカレンダーは、町の工務店ネットの工務店が、お客さんに差し上げるために印刷していますが、少しだけそのお裾分けで、住まいネット新聞「びお」の読者にプレゼントされます。

http://www.bionet.jp/?p=17045

どんな作りなのか、よく分る記事になっています。
抽選になりますが、ほしい方はご応募ください。
[PR]
by sosakujo | 2010-12-07 13:41
1965~2000年までに建てられた住宅
今、神戸の勉強会のことがあって、いろいろ調べものをしています。その一つに、新設建築戸数の推移があって、1965(高度経済成長開始期)~2000年(阪神泡時代震災から5年目。「品確法〉制定前年)までに建てられた住宅は、全部で4991万戸(持ち家/2005万戸)を数えます。この間を平均すると、毎年139万戸(持ち家/56万戸)の住宅が建てられてきたことになります。

最近の中国を例外にして、世界史上、類例のない未曾有の建築ラッシュということができます。
この間、高度経済成長があり、「消費革命」の進行がありました。
住宅も、この波に乗って伸張したのです。この“消費拡大”は、日本の「豊かさ」を示す指標とされました。いうなら、この建築数は「1億総中流化」の所産です。大波小波、乱高下しながら、これに乗ってみんなやってきたのです。

これらの住宅は、リフォームの〈適齢期〉ということもありますが、流行と陳腐化を繰り返す短サイクル消費
指向で造られたものが多く、建築主自身、慌てて建てて失敗したと悔いている人が少なくありません。
小部屋ばかりが多い間取り、ビニールクロスの多用、単板ガラスのサッシ、エネルギー多消費で、夏暑く冬寒い家、これを変えられるものなら変えたい、とみんな思っています。テレビの〈劇的・ビフォーアフター〉の根強い人気は、それを物語っていないでしょうか・

高度経済成長期に建てられた住宅の多くは、ピカピカ、ツルツルしていて、均質で無臭性で無機質な素材によって建てられてきました。本来、長い時間を生きるものです。それなのに竣工したときがピークである家が建てられてきました。家が汚れるにも、美しい汚れ方というものがあります。

今回の勉強会は、耐震化をすすめながら、それを木の家の本格リフォームに結び付けようという意図を持っています。いわゆる「リフォーム屋」さんのリフォームではなく、工務店・設計士がやる本格〈木の家リフォーム〉を確立させようというのです。その違いを、どこまで明瞭に示せるか、耐震化と並ぶ、今回の勉強会の大きなテーマです。
事例発表に誰を選ぶか、今、必死に発掘中です。

本日夜半にも、プログラム解説4~5がUPします。
アドレスは、
http://t95.jp
です。ご笑覧ください。
[PR]
by sosakujo | 2010-12-06 15:54
〈一坪里山〉が朝日の記事に
広島の〈安芸町家〉の〈一坪里山〉が、きょうの朝日新聞生活欄(12/3東京版)に取り上げられました。
「都会の庭、命を育む」という記事で、「安芸町家」が絡むところは、「家づくりも生態系に配慮」という見出しがつけられていました。
記事には、大須加さんと、田瀬理夫さんの談話も出ていました。
ぼくの方は、甲府の建物見学会のバス移動中に、朝日の記者から電話取材が入り、いろいろ受け答えしました。

〈一坪里山〉は、浅草で講習会を開いていて、2回目を開いてほしいという要望が多いのですが、ぼくの方は神戸の〈大勉強会〉の準備でてんてこ舞いの状態にあり、春の芽吹きの時期に開催したいと考えています。
自生種の庭、それを広げたランドスケープでは、大きなプロジェクトの話も幾つかあり、田瀬さんとぼくの方で動いています。それらも、春の芽吹きの頃には、幾つかの案にまとのっているようにも思われます。

今回の〈一坪里山〉は、ささやかなものですが、そこがいいと思っています。デッキの片隅を切り込んで、自生種の庭のための一坪を確保し、それを家族が愉しみながら育てることが基本で、増えたら庭に移したり、人に株分けして、〈絶滅危惧種〉が伝えられる草花を育てようというのです。
もう自生種を育てる場は、「家の庭しか残されていない」といわれます。公園も街路樹も、どこのものだか分らないものが植えられており、今の流通の中では、自生種を大切にすることはムリだからです。
ささやかですが、大きな意味を持っている取り組みだと、みんなでいい合っています。
[PR]
by sosakujo | 2010-12-03 10:39
分科会1のプログラム解説
神戸の「大勉強会」のプログラム解説について、先日の全体会に続いて、「分科会1」をUPしました。読みたい方は t95.jp にアクセスしてください。

この調子で、分科会5まで書くの? 大丈夫? と心配していただいています。
今後は、みなさんにも分担していただいてまとめたい、と考えています。でも、とりまとめの作業としては続くだろうな、と思っています。

埼玉のこもだ建総さんから、5名で参加するという連絡を受けました。全建総連の会合で、久しぶりに菰田勇司社長にお会いし、こんなイベントを計画しているとリーフレットを差し上げたところ、それに応えていただきました。力強い限りです。ありがとうございます。
この工務店のホームページを開くと、「すべてはお客様の笑顔のために」という言葉が掲げられていて、それが単なるキャッチフレーズでないことは、ホームページ全体から、ひしと伝わってきます。菰田さんは大誠実の方で、わたしが尊敬する業界人の一人です。

今夕は、駒込の趙海光さんの事務所で、趙さん、半田雅俊さんと一緒に、分科会3について検討会を開きました。議論は大いに盛り上がりました。分科会3のスローガンは「新築病にさよならしよう!」で行こう、ということになりました。「建築家は『新築病』だよな」という話を中谷礼人さんから聞いた趙さんが、「つくづくいえる」と話されて、「それで行こう」となったのでした。
この話を聞いて、おもしろく書けると思い、また、分科会の行方に大きな期待を持つことができました。今週中に書くことにします。

分科会2は、『日経ホームビルダー』の編集長だった村田真さんに、忙しい中、打ち合わせ会の内容をまとめていただいています。併せてUPできたら、と思っています。

明日は、新宿から甲府に特急で入ります。小沢建築工房さんの建物見学会です。参加者は60名に達します。鹿児島や宮崎、熊本から、飛行機で羽田に出て、甲府までいらっしゃる方がいます。お金も時間も掛ります。このエネルギーに応える集いにしなければ、と思っています。
[PR]
by sosakujo | 2010-12-01 00:08