title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
震災時の監察医の話
1月17日に神戸で耐震改修に関する1000人規模の「大勉強会」を計画しています。このことがあって、最近二度、神戸に入りました。神戸市や兵庫県、会場を予定している国際会議場などで打ち合わせを行い、少し時間がありましたので、神戸大学の法医学教室を訪ねました。

あの震災の折、神戸市で亡くなった人の92%が、地震発生直後の14分間に亡くなっていることを知り、つよい衝撃を受けたので、その詳細を知りたくて法医学教室を訪ねたのでした。
震災というと、水や乾パン、救助隊が問題にされますが、救助隊が駆けつけるまえに、ほとんどの人は亡くなっていたわけで、最大の地震対策は建物にあることを、この結果は明瞭に示しています。

神戸大学では、資料をプリントし用意していてくれましたが、そのプリント物が1996年1月に朝日新聞社から発行された『阪神・淡路大震災誌』であることを知り愕然としました。あの地震の1年後に発行された本の中に、この事実ははっきりと明記されていたのでした。
神戸市の図書館に回り、その本を改めて手にし、また戻ってからアマゾンで購入しましたが、法医学の世界では公知の事実であり、よく知られたことだったのです。

それで工務店や建築家の何人かに聞くと、みんなそうだったの、と驚くではありませんか。
法医学では常識のことが、一般界では「初めて聞く話」なのです。
ぼくはこれを国民的な認識にまで高めるべきだと、何人かの報道関係者に話しましたが、1/17には記事になるけど、デスクは取り上げないというではありませんか。それが今の現実です。

わたしが住む静岡県は東海地震がいわれ、耐震化先進県といわれています。けれども、10年で20万戸の耐震化目標が立てられながら、達成されたのはその5%、1万戸に過ぎません。ということは、多くの住宅が耐震かされないで残されているということです。
この硬直した状態をどう変えられるのか、今度の勉強会が持つ意味は大きいと再認識した次第です。
[PR]
by sosakujo | 2010-10-22 11:22
コピアポ鉱山救出劇
コピアポ鉱山の落盤事故の救出をテレビで見ました。
救出の場面は誰にとっても喜ばしいことで、劇的としかいいようのないテレビの画面に、しばし惹き付けられました。

チリは南北に長細い国です。
北の方から順に砂漠気候、ステップ気候、地中海性気候、西岸海洋性気候、ツンドラ気候と気候が違っていて、コピアポ鉱山は南から4番目の州、アタカマ州 にあります。鉱山事故に遭遇した労働者は、32名のチリ人と1名のボリビア人です。

ぼくは、もう大分前になりますが、この国を訪ねています。
チリは、東にアンデス山脈という大きな壁があります。サンチャゴに降り立つとき、正面に岩稜が聳えていました。この時には、首都のサンチャゴと最南端のプンタアレーナスに行っています。プンタアレーナスは、マゼラン海峡に面した街で、サンチャゴから飛行機で6時間の距離にあります。訪ねた季節は初夏で、ちょうどイチゴの収穫期にあたり、それが裏側の日本のクリスマス用のケーキのイチゴになる、ということを聞き、へぇーと驚いたことを覚えています。

そのときまでのチリの印象は、アジェンデ人民民主政権と、この政権をクーデターで転覆させたピノチェット軍事独裁政権ということが頭にあり、それに抗する人を詠んだパブロ・ネルーダの詩が、つよく心に響きました。

  火の文字でわたしは書いておこう
  わたしの灰から火の鳥のように
  いつかきみがよみがえるように(「老いたるオルフェの歌」訳 大島博光)

ピノチェト政権下、約30,000人のチリ人が殺害され、数十万人が強制収容所に送られ、100万人が国外亡命したといわれています。このあたりのことは、五木寛之の小説『戒厳令の夜』に描かれていて、五木寛之が、2年にわたる休筆を経て書いた小説として注目され、映画にもなっています。劇団民藝の伊藤孝雄が主演という、渋い配役の映画でした。

チリが民主的な文民政権に戻ったのは1990年でした。
ピノチェト政権は17年続きました。ぼくがチリを訪ねた時は、まだピノチェットが生きていました。
サンチャゴはきれいな街で、その前に寄ったベネズェラの首都カラカスが、いかにも南米的であったのに対し、異質のものでした。道路は住人によっていつも清掃されていて、それはピノチェットが住人に強いたことで、その名残りだという話でした。ファシズムはナチスもそうですが、清潔好きです。

救出劇を見ながら、そんなことをふと思い出しました。
[PR]
by sosakujo | 2010-10-13 14:05
劉暁波氏のこと、その二
前回、劉暁波氏のノーベル平和賞受賞に対する中国当局の抑圧についてのべましたところ、親しい友人から「いささか感覚的では」という指摘を受けました。「温家宝は、商売に達者な華僑の顔に変化し」たというあたりは、たしかに感覚的といえばいえます。
けれども、この20年にわたる中国の変化を見ると、あらゆるものを薙ぎ倒していく膨張主義があり、その行く末が案じられます。

わたしは、秦の始皇帝が統一国家を造ったことが、今の悩ましい現実を生んだ原因だとみています。
中国は、人口約13億人、全人類の20%を占める世界最大の巨大国家です。始皇帝は、ばらばらとなっていた華夏族を統一しました。華夏族は、周辺民族から「漢人」と呼ばれ、それが漢族の由来です。しかし、その華夏族自体、黄河の下流の東夷系、長江の中流の荊呉系、珠江を中心とした百越系や、東胡系、匈奴系に分かれていて一様ではありません。
現在の中国は、この漢族のほか、五胡、ウイグル、契丹、満州、モンゴル、朝鮮など、少数民族を含めると、その数は55に及びます。

中国の各地を旅行すると、地域によって言語は異なります。
堀田善衛は、ヨーロッパの言語について「巡礼が歩く速度に合せて変化していく」と述べましたが、現在の中華人民共和国統治地域は、このヨーロッパ以上に言語・民俗・宗教・文化が異なります。多民族国家なのに「中華」で括り、それゆえにチベットやウイグル族の反感を買っています。

毛沢東は、あの文化大革命で破滅的な誤りを犯したに関わらず、中国の紙幣も、天安門の写真も、彼を奉じています。それは、毛沢東が「統一国家」を生んだ英雄だからです。しかし、この「中華」を第一とするあり方が膨張主義を生み、異を唱えるものの言論封殺を生んでいます。これは厄介な国というほかありません。

今の中国で起こっている沿岸部と内陸部(中国の南北問題)の格差進行は、今後、より拡大することでしょう。経済的な破綻が生じると、それが一気に噴出す可能性をたえず孕んでおり、「紅巾の乱」や「太平天国」のようなことが起こり得る可能性大です。毛沢東が言った「ムホンには道理が」ある記憶が呼び覚まされることを、当局は極端に恐れています。
今回の劉暁波氏対する言論封殺の抑圧はそのためのものであり、ガス抜きに日本に対する「国民感情」の利用も、その文脈のものです。

すぐにはどうにもならない、むずかしい話なので、注意深く見て行くほかありません。
それにしても、アウンサンスーチーさんを囲い込むミャンマーや、犯罪国家の北朝鮮を支援する中国を見るのは、彼らの建国の理想を知るが故に寂しさを感じてなりません。
[PR]
by sosakujo | 2010-10-13 10:07
かつて伽藍は白かった
劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞に対する中国当局のつよい反発と、劉氏に対する抑圧の数々を報道で見聞きしながら、どういうわけかわたしは、ル・コルビュジエが、彼の建築の批判者に対して「かつて伽藍は白かった」と反論した一文を思い出しました。

コルビュジエは、彼の建築を攻撃する「守旧派」に対し、それならば聞くけれど、あなた方が信奉する古色の建物も、建築時は白かったではないか、その時にも「守旧派」はいて、その白い建物を非難したのに対し、あなた方の先輩は闘ったのではなかったか、と書いたのでした。手元に訳文がないので、正確ではありませんが、敢然と、そういう意味の反駁を行いました。

中国当局は劉氏を攻撃するけど、中国共産党は、かつて権力から手酷い弾圧を受けた歴史を持っています。その歴史を齧り、また、当時の民主人を擁護した魯迅の一連の文学や、あるいは老舎の『茶館』を一度でも読んでいれば、あるいはまたエドガー・スノーやアグネス・スメドレーなどのルポルタージュ文学に触れた人なら、彼らに理想主義があり、それを押し潰そうとする蒋介石の国民党政権下の現実は過酷極まるものであったことを知っています。

そういう先輩たちを持つ中国共産党の政権が、現下、劉氏に行っていることは、あの時の国民党政権にそっくりで、日本の特高警察にも似て卑劣です。
劉氏の妻は、終日監視下におかれ、携帯電話は不通にされ、「盲目の人権活動家」陳光誠氏の妻が、マグサイサイ賞の出席を拒まれたように、おそらく劉夫人のノーベル平和賞の代理出席は阻止されることでしょう。

今回のことで温家宝首相は「13億の人民をまとめるには、不協和音を許すわけにはいかない」と言う意味のことをいいました。
わたしが中国で仕事をしている頃、この人の人気は高く、なかなかの人物だと思っていましたが、尖閣列島での発言や、今回のことなどでゲンナリです。尖閣列島に対する不当な理屈は、彼らが闘った「帝国主義」の論理そのものです。
「中華」という観念が、温家宝の頭を占めているのでしょうね。
国連演説で映し出された温家宝は、商売に達者な華僑の顔に変化していました。
人の顔は変わるものです。
[PR]
by sosakujo | 2010-10-09 19:02
花々舎の花カレンダー
 webネット新聞「びお」は、七十二候に沿って更新を続けていますが、一週間・一カ月の巡りとは異なる季節感があって、改めてこの国の素晴らしさを再認識しました。「びお」は、それを「旬」として取り上げ、さまざまな記事を掲載してきました。

 それなら、この際「七十二候カレンダー」を作ろうということになって、2年続けました。カレンダーをデザインから起こし制作するのは、結構費用が掛かり、私たちのような小さな組織では負担が重いのですが、町の工務店ネットの工務店さんから注文を寄せていただき、今年も何とか発行に漕ぎ付けるところまで来ました。

 今回は「びお」で連載していた「花々舎の花」をビジュアルにします。
七十二候に沿った花をアレンジメントする連載でしたが、ナマものなので大変でした。当初、わたしも撮影を手伝っていましたが、出張などで時間が合わないことため、アレンジメント制作者がそのまま撮影も行い、原稿も書くことになりました。
 それにしても、5日に1回、年間72回もよく続いたものです。

 2011年「七十二候草花」カレンダーにするにあたっては、その花を季語にした俳句を配することになり、その選定を担当することになりました。
けれども、西洋からやってきたフラワー・アレンジメント(本当は自生種の花だけにしたかったのですが・・・)なので、季語にない花がたくさんあります。チューリップは日本に入って長いので季語になっていますが、トウゴマ・フォックスヘェイス・サンゴミズキなどは季語になっていませんし、クリスマスのリースなども扱いに困ります。

 よく知られた有名な句か、最近の句を選ぶか、これも悩みました。たとえば、菜の花といえば蕪村の「菜の花や月は東に日は西に」ということになり、欠かせないように思いますが、それでは芸がありません。選んだのは折笠美秋さんの「菜の花の一本でいる明るさよ」でした。かといって芭蕉や、蕪村や、一茶や、子規を何も取り上げないというのでは、さびしくも感じます。これらの俳人については、あまり知られていない句を紹介することにしました。

 たとえば芭蕉の「つゝじいけてその陰に干鱈さく女」は、知る人ぞ知る句ですが、身近な人に聞いてみたら知らない人が多かったので選びました。つつじと干鱈を裂いている対比が味わい深い句です。もっとも、日鱈を知らない若い人が増えていますが・・・。 子規の「水仙にさはらぬ雲の高さかな」もいい句です。冬空の下、凛として咲く水仙を病床にいて詠んだ句です。

麦秋は、旅行気分を味わって欲しくて、多田祐計の「フランスに来てフランスは麦の秋」を選びました。クリスマス アレジメントに、どういう句をあてるのか悩みましたが、杉田久女の「雪道や降誕祭の窓明かり」にしました。三橋鷹女の 「千万年後の恋人へダリア剪る」や、橋本多佳子「曼珠沙華日はじりじりと襟を焼く」など、刺激的な句も入れました。
個人的に好きな句である「電車待つ垣根の薔薇今朝は雨」も入れました。

このカレンダーは、web「びお」の読者にも一定部数、提供されるようです。毎回、予定を上回る応募があるようですので、ご要望の方は、募集が開始されたらお申し込みください。  
[PR]
by sosakujo | 2010-10-01 10:13