title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
町の工務店ネット/秋の建物見学会
お彼岸がやってくると、やっぱり秋の気配が感じられて、自然の凄さということを感じます。
1月に神戸で予定している「木の家 耐震改修推進会議・大勉強会」の準備に追われています。もう1ヶ月もすると企画の詳細をお知らせできると思います。

秋がやってきて、「町の工務店ネット/建物見学会」を再開します。
今回の見学会は、三社の快心モデルハウスを一気に3軒見て巡り、農家のリノベーションとラウベ(農業小屋)と、養老孟司さんの講演まで聞いてしまおうという、ゼイタクが過ぎるツアーです。

タイトル 秋の建物見学ツアー&森里海連学実践塾in高津川流域
広島沖田・大須加 島根柿木村&益田リンケンを巡るツアー

■スケジュール
10月16日(土)13:00 集合/広島駅新幹線口
13:00~バスにて東広島 沖田モデル見学
14:40~バスにて五日市に移動、大須加モデル見学
15:30~大須加モデルにて、設計塾
16:50~永田昌民の小住宅(大須加建設の施工)
18:00~バスにて広島市内ホテルへ
18:30~交流会
10月17日(日)08:15~バスにてホテル出発
09:50~柿木村・農家をリノベーションした家見学(田村さんの家)
10:40~有機農業畑とラウベ(農業小屋)見学
11:00~柿木村の30年に及ぶ有機農業の歴史と現状を聞く
11:40~昼食
12:40~「清流高津川を育む木の家づくり協議会」シンポジウムに参加する
      講演/養老猛司(東京大学名誉教授)ほか
15:30~バスにて益田市内に移動
16:10~リンケンモデル(基本設計/秋山東一)見学
17:00~益田駅到着  解散
17:18益田 発 →(JR特急スーパーおき5号)→18::51新山口 着
19:00新山口 発→(のぞみ64号)→20:58新大阪/21:50名古屋/23::32東京 着
以下、オプション 
18:00~日本一の居酒屋といわれる「田吾作」(日本海の魚)にて交流会 (益田市内宿泊)
10月18日(月)  ~朝 現地解散 or
①「現代町家」設計講習会 (会場/リンケンモデル 時間/9:00~12:00)
*「現代町家」クラブを対象とした講習会です。参加者には「現代町家設計マニュアル・
設計編/システム編」が配布されます。講師:趙海光・村田直子
②希望者/三分一博志氏設計建物(萩焼作品倉庫)見学(予定・調整中)
■参加費(消費税別) 29,600円/人(バス代・宿泊代・交流会費・資料代含)
■オプション費(消費税別) 15,000円/人(「田吾作」交流会・宿泊(朝食含))  

申込先⇒⇒FAX:053-476-1313
町の工務店ネット事務局 浜松市中区富塚町2282-17 電話053-476-1300 http://www.bionet.jp/
[PR]
by sosakujo | 2010-09-24 14:28
“木の家”耐震改修推進会議 発会式
昨日(9月1日)、有楽町・東京国際フォーラムを会場にして「“木の家”耐震改修推進会議発会式」が開かれました。会場は定員オーバーとなり、熱気に溢れたものになりました。

管直人内閣総理大臣からメッセージがよせられ、超多忙のなか前原誠司国交大臣、皆川芳嗣林野庁長官に駆けつけていただき、ご挨拶いただきました。

この「発会式」に先だって、当初呼びかけ人会が開かれ、(以下、敬称略)
「“木の家”耐震改修推進会議議長に養老孟司、議長代理に天野礼子、事務局長に徳本茂(全建総連)、企画委員長に小池一三を選出し、運営委員として下記の方々が選ばれました。
青木宏之(社団法人全国中小建築工事業団体連合会会長)
梅野博之(全国森林組合連合会代表理事専務) 
田村豪勇(全国建設労働組合総連合中央執行委員長)
並木瑛夫(社団法人全国木材組合連合会会長)  
藤本昌也(社団法人日本建築士会連合会会長)
豆原義重(国産材製材協会会長)

養老孟司 (東京大学名誉教授/「”木の家づくり”から林業再生を考える委員会」委員長)
天野礼子 (作家/「”木の家づくり”から林業再生を考える委員会」委員長代理)
小池一三 (町の工務店ネット代表/「”木の家づくり”から林業再生を考える委員会」委員)

わたしは、この発会式の準備に、茹だるような暑さのなか、この1か月奔走しました。
構想から開会まで、約1か月という超短期間の取り組みにかかわらず、呼びかけ人の方々は、このテーマが持つ重要性・緊急性を鑑み、着任いただけました。ありがとうございました。

この取り組みは、住宅・林業のナショナルセンター代表が一堂に会するという横断的なもので、画期的なものになったと思っています。推進会議は、今後、国民運動といえるものにすべく輪を広げ、また、「耐震」というと、建築構造の先生が中心になりますが、今回は学際的な広がりを持つ取り組みにしよう、ということになりました。

この発会式では、目黒公郎東大教授に講演いただきました。教授は、震災と言うと水とカンパン、仮設住宅などが問題になるが、阪神淡路大震災の犠牲者は、検死専門家の分析結果にしたがうと、実は地震勃発から14分以内に92%が亡くなっていて、それは建物の倒壊によるもので、最大の地震対策は「住宅の耐震化にある」と言いきられました。
講演時間は、予定をオーバーし、そのあとのパネルディスカッションは吹っ飛び、プログラムの立て方にムリがあり、反省を強いられましたが、教授の話を聞いていただいてよかったと思っています。

10月末に「推進会議」を開き、来年1月に神戸で「大勉強会」を開催します。
来週には神戸に入って、その準備にあたります。

今回の呼びかけ人会で決定され、発会式で、満場一致の拍手で賛同いただいた「呼びかけ人アピール」を、以下、添付します。

“木の家”耐震改修推進会議 
9.1 呼びかけ人アピール 
2010.9.1 於:東京有楽町・東京国際フォーラム

1.大地は不動ではない。大地は隆起沈降する。多様な景観を持ち、地形が複雑であればあるほど、この隆起沈降の現象は顕著なものとなる。日本列島は、山岳と河川、平野と盆地、入り江と湖水など変化に富んだ地形を持っており、地震による影響を受けやすい地域がある一方、過去の記録の上では少ない地域もある。けれども、過去のデータがないからといって、明日地震が起こらないという保証は何もない。
2.今後、M8クラスの巨大地震は30~50年の間に4~5回起こると予想され、M7クラス(兵庫県南部地震や首都圏直下型地震クラス)は、その数倍起こると予測されている。
3.阪神淡路大震災における死亡者の92%は、地震直後の14分間に起きた圧死・窒息死等によるものだった。この事実は、地震への根本対策が先ず何をおいても住宅の耐震化にあることを教えている。
4.政府によって発表された「新成長戦略」(平成22年6月18日閣議決定)は、住宅に関して「2020年までに非耐震化住宅を5%以内」とする目標を打ち出し、また林業再生に関して「木材自給率50%の達成」を掲げた。「新成長戦略」は別々の項目になってはいるが、この二つは不可分の関係にある。耐震改修には多量の木材が必要であり、その木材は、林業再生の「出口」となる。
5.本推進会議は、住宅耐震化を促進するため耐震改修に対する支援の充実を、政府と各自治体に要請する。と同時に、耐震化を手掛かりにして、省エネ化やバリアフリー、建物の劣化対策等を行う既存住宅の「本格改修」への流れを促したい。建築部位の補強を基本にしながら、さらに、今住む家を次世代(30~50年間)に引き継げるものにすることが、耐震化の意味と価値を高め、普及を促す力となる。
6.前項にいう「本格改修」を進めるためには、幾つかの課題が残されている。一つは検査・診断・評価法などの「制度整備」であり、今一つは、既存住宅改修・改造に対する長期・低金利の住宅ローンや補助金などの「制度支援」である。
よくいわれるように、新築された木造住宅は建築後10年目から毎年1割ずつ目減りし、20年でほぼゼロになる。資産価値ゼロのものを改修しても、新たな価値を生まないので保険や保証がつけられず、金融の対象にならない。最近では幾つかの試みがなされているものの、未だ本格的な制度となり得ていない。これらの「制度設計」は焦眉の課題である。
 7.このことは、中古住宅の市場創出とも絡んでいる。市場全体のうち中古住宅が占め
る割合は米国80%、英国90%を占めているが、日本は13%に留まっている。これを転換
するには、建物査定による価値評価の確立が必要とされる。それはまた、急激なまでに家
族の様態が変容するなか、住み続けてもよく、家族の事情に応じて処分もできる選択可能
な条件をかたちづくることになる。
8.“木の家”改修では、たくさんの木材が用いられる。それは林業再生の「出口」となり、それはまた「町」と「山」双方の雇用の保持・創出に寄与し、地域経済を活気づける。
9.本推進会議は、住宅(工務店・設計事務所)・林業(育林・伐採・製材・流通)関係団体代表者6名と、国交省「“木の家づくり”から林業再生を考える委員会」委員である養老孟司・天野礼子・小池一三3名の呼びかけにより、本日発会した。
活動内容は、提言・普及啓発・情報収集を行うことを主とし、耐震化推進の「旗振り」役を担うものである。今後、より横断的な広がりを得、また広範な人士の結集による学際的な取り組みにより、 “木の家”耐震改修推進を国民(地域)挙げての運動へと高めたい。
10.政府が掲げた「非耐震化住宅を5%以内」の目標は、地域の地道な取り組みを必要とし、地域の工務店・設計事務所・林業関係者が果たす役割がきわめて大きい。
地域ごとに「“木の家”耐震改修推進会議」を興し、その地域で過去に起こった地震記録、地形・地質・地盤などを克明に調べ、その街の「地域防災地図」を作成することを呼び掛けたい。また耐震に関する地域の支援制度の拡充を働きかけ、地域住民に向けては「声掛け運動」を起こし、診断と補強の「ローラー作戦」を展開することが、この運動を条件づける。地震防災力は「地域が自ら考え、地域が自ら動く」ことが基本である。
11.この趣旨に立ち、各地域及び団体等で耐震勉強会を開くことを呼び掛ける。地震科学と耐震技術は日々進歩しており、実際的な実践事例も各地にみられる。相互に学び、学び合い、情報力を高めることが、今日ほど求められている時はない。
この運動を盛大なものとするため、本推進会議は「大勉強会(仮称)」の計画を立て、その初回期日を、阪神淡路大震災の記念日にあたる2011年1月17日に予定する。
予定される「大勉強会」は、地震実態と地震科学への認識を深め、各地域による取り組みの情報化、耐震改修の方法理解、具体技術の習得等に役立つものとしたい。そして、各地の「町」と「山」の活動メンバーが一堂に会し、相互交流を深める場としたい。
12.迫りくる地震対策の一番に住宅の耐震化が挙げられ、その遅れが破壊的な災害を惹き起し、多大な経済負担を強いるのは目に見えている。より抜本的な政策が求められると共に、一人一人の国民が、「よし耐震改修しよう」「これを機会に住まいを“本格改修”しよう」という行動をいかに呼べるかが、この運動の成否を決定づける。
報道機関には、いたずらに恐怖を与えることなく、しかし、地震によって起こるであろう事態を正確に伝え、想像力を喚起させ、住宅耐震化の重要性を広く知らせてほしい。
13.以上にみた取り組みを推進するため、呼びかけ人9名の名において、ここに“木の家”耐震改修推進をアピールするものである。
本推進会議発会の日である9月1日は、87年前(1923年)に起こった関東大震災を忘れないための「防災の日」である。
――「過去の記録はまた将来の予言となる(寺田寅彦)」
[PR]
by sosakujo | 2010-09-02 07:06