title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
「吉野林業全書」その後
今日から、伊勢で「現代町家」の塾があり、明日は名古屋に移動して「bio森の家」を見学します。定員をかなりオーバーして、バスに乗車しきれず、車で来る人に便乗して移動します。

4/6の吉野の山の見学も、定員に達しました。こちらは30℃のヘアピンカーヴを登っていく見学になり、普通の車では入れないので締め切りました。うれしい悲鳴です。
ご応募いただきながらお断りせざるを得なかった方には、お詫び申し上げます。あしからずご了承ください。

4/21~22日の博多--山口--広島--姫路の「爆裂ツアー」は、定員を50名に増やしましたので、まだ少し空きがあります。イタリアのアルド・ロッシが設計した門司港ホテルに泊まることになっており、そのシングルルームはいっぱいになりました。参加したいメンバーは、早めにお申し込みください。

さて過日、待望の『吉野林業全書』の初版本(明治31年発行)を手にしたことを書きました。
虫食い状になり、装丁がバラバラになりそうな本を読みながら、今度は、この本が発行されたいきさつや、周辺の話、またこの本を取り巻いた時代そのものに興味を持ち、いろいろ資料を漁っています。

先日、伊勢で撮影があり、その足で高見峠を越えて吉野川上村に入りました。
この峠は、鈴鹿峠に対して、南街道、いわゆる伊勢街道として知られる道です。
松坂の木綿商の息子だった本居宣長は、父母の吉野分水神社への祈誓により出生したということもあり、この峠を越えることを好んだようです。
本居宣長が、師と仰ぐ賀茂真淵との生涯一度きりの対面となった「松坂の夜」のために、この峠を越えたことでも知られ、宣長は、そのあと畢生の大作『古事記伝』を書きあげたのでした。

白雲に峰はかくれて高見山みえぬもみちの色そゆかしき

この歌碑が旧道の峠に立っています。
この峠からは東吉野、大台ケ原、熊野の山々が展望されます。その写真を見たい人は『住まいを予防医学する本』のプロローグに出ていますので、見てください。

今回は先を急ぐため、旧道の峠に寄らず、高見トンネルを通って東吉野野道を下って、川上村に行きました。

川上村に入って、一番目に行ったのは図書館で、『吉野林業全書』に関係する本という本に目を通しました。学術書も何冊かあって、何十枚かコピーに取りましたが、とても追いつかないのでタイトルをメモし、帰ってからアマゾンで買い求めました。
この種の学術書はとても高くて閉口しましたが、奮発して(というか、清水の舞台から飛び降りた気持で)注文して、今、わたしの手元にあります。

わたしは『近くの山の木で家をつくる運動宣言』を書いたとき、この種の学術書を何十冊も読みました。学術書は速読不能で、何枚も付箋を貼ったり、メモを取ったりということで、あのとき以来の歯応えのある読書になっています。

その一端を、新建ハウジング『プラスワン』4月号に書きました。連載1回分では納まらず、三浦編集長に申し出て、5月号にも続きを書きます。直近では、4月6日の作業道見学の翌日に川上村でシンポジウムがあるので、そのスピーカーでも、これらの本について触れることにします。
[PR]
by sosakujo | 2010-03-24 05:21
三つのセミナー
3月から4月に掛けて三つのセミナーを予定しています。

1.
名古屋&伊勢で開く、新しい木のカタチ
“伊勢町家”と“bio森の家”を公開します。
伊勢・せこ住研は、独得の展開法で、この不況をものともしないで受注を増やしています。その秘密はどこにあるのか。従来の地域型住宅に加えて、セミ・オーダー方式による「伊勢町家」と、本社内にある「木の倉庫」を見学しながら、木の仕入れ方とそのコスト管理、ユニークな営業方法までを、直に社長からお話をお聞きします。また、名古屋でユーザーの信頼厚いオザキ建設と、建築家村松篤がタッグを組んで建てられた「bio森の家」を見学しながら、狭小敷地における木のカタチを学びます。
さらにオプションとして「現代町家マニュアル」をテキストにした講習会を開催します。
【スケジュール】
■3月24日(水)
13:00  JRor近鉄(併設しています)・伊勢市駅(神宮出口/JR側)集合
13:00~15:10 せこ住研「伊勢町家」(設計/趙海光)
            せこ住研の「木の倉庫」見学
            伊勢地域型住宅(自社設計)を見学
15:30~18:00 「扇芳閣」に移動
    報告:せこ住研の木の仕入れ・コスト・展開法/(株)せこ住研・世古欽史
    伊勢町家の設計詳細/ぷらんにじゅういち・趙海光
    長期優良先導事業をいかに活かすか/MOON設計・村田直子・町の工務店ネット・佐塚昌則
18:30        交流会  
*宿泊/鳥羽・扇芳閣(露天風呂もあります)
■3月25日(木)
8:00        ホテル出発
8:15        お伊勢さん朝参り
11:00~12:00  名古屋・オザキ建設「bio森の家」(設計/村松篤)を見学
            建物かいせつ/(株)オザキ建設・尾崎立美
12:30       名古屋駅南解散or「現代町家」設計講習会 会場は名古屋駅前。13:30~16:30
        ※「現代町家」登録工務店を対象とした講習会です。
●宿泊 鳥羽・扇芳閣
●参加費 26.000円(+消費税)/人


2.
吉野・岡橋山作業道見学と、
セミナー『吉野材を、世界に誇るブランドに“再生”するために』
■4月6日(火)
11:30   近鉄吉野線・大和上市駅(大阪からも京都からも11:21着)集合
        *お昼は柿の葉寿司を用意します。
        特別車に分乗 岡橋山作業道~製材所見学 
19:00 検討会~交流会(ホテル「杉の湯」)
■4月7日(水)
09:00  セミナー『吉野材を、世界に誇るブランドに“再生”するために』
   主催:「日本に健全な森をつくり直す委員会」「町の工務店ネット」「“森里海連環学”実践塾」
   協力:奈良県・川上村  会場:川上村森林組合 会議室  
・来賓挨拶 朝比奈清(林野庁近畿中国森林管理局長)
・講演 竹内典之(京都大学名誉教授)
     岡橋清元(清光林業)
     小池一三(「町の工務店ネット」代表)
・パネルディスカッション『吉野材を、世界に誇るブランドに“再生”するために』
進行 天野礼子  
パネラー 益子義弘(建築家・東京藝術大学名誉教授)
永田昌民(建築家・自然エネルギー研究所所長)
川村誠(京都大学大学院准教授・林業経済学)
菊政美登志(奈良県農林部理事)
 
●宿泊 奥吉野川上村・ホテル杉の湯
●参加費 28.000円(+消費税)/人


3.
現代町家の到達点を検証する
現代町家 博多➪山口➪広島➪姫路 爆裂ツアー

町家塾の開始から2年。「現代町家」は、ここに一つの到達点を見ました。このツアーに、今、ユーザーが求めている「ほしい家」があります。グッドデザイン賞に輝く家(博多町家)の完成形であり、また、手ごろな価格で求められる質の高い住宅の「定番」(長州町家による建住宅・安芸町家による「小さな町家」)の姿でもあります。博多では、外構を設計に内在化する「田瀬理論とその方法」のガイダンスを受け、広島では、現代町家の設計手法を学ぶ集中講座を開きます。さらに足を延ばして、希望者には、姫路にMOKスタンダードの見学を計画しました。

【スケジュール】
■4月21日(水)
12:30       JR博多筑紫口に集合
13:00~14:45 長崎材木店「博多町家」(設計/趙海光)&「ちいさな白い家」(自社設計)見学
15:45~18:30 報告/趙海光  博多町家・長州町家・安芸町家の設計詳細 
            小池一三&見学工務店による報告
講座         田瀬理夫 「一坪里山」ガイダンス
19:30        交流会

■4月22日(木)
7:00        ホテル出発
8:40        長州町家見学
11:30       安芸町家見学
12:30       広島駅解散or「現代町家」設計講習会 13:30~16:00
オプション     姫路・ソーラーホーム MOKによるモデル住宅見学
●定員 50名   
●宿泊 門司港ホテル(デザイナーズホテル・設計/アルド・ロッシ)
●参加費 現代町家塾 28.000円(+消費税)/人
設計講習会は別途会場費負担金のみ
姫路の見学会は別途バス代 (6,000円)
[PR]
by sosakujo | 2010-03-17 14:14
“木の家づくり”から林業再生を考える委員会 3
昨日、国交省の大講堂(大臣が就任した際、幹部を集めて訓示をいうホール)において、長い時間を掛けて準備してきた「“木の家づくり”から林業再生を考える委員会」が開かれました。
一回目ということもあり、18名の委員全員が出席し、三日月国交省政務官・舟山農林省政務官、国交省川本住宅局長・井上審議官・橋本住宅生産課長・田中企画官のほか、飯高林野庁林政部長、町田内閣官房地域活性化事務局次長、梶山国家戦略室審議官、森田環境省審議官、横尾金融庁調整官が出席されました。傍聴席にはマスコミ陣のほか、『住む。』編集部の面々も参加してくださり、賑やかな会場でした。

わたし自身は風邪に罹り、前日まで床に伏せっていて、病み上がりの状態でしたが、何とか最小限の役割を果たさせていただきました。前原大臣指名の委員会に「昇格」したこともあり、この委員会が持つ意味は大きいと思いました。養老委員長をいただく委員会であり、委員会メンバーも多彩なので、どこにどうランディングさせるのか、一考を要するところです。

一回目の委員会のテーマは、農山村と都市を結ぶ取り組みでありました。養老さんのそれは文明論的な見地からのものであり、地球が長い歴史の中でつくりだした石油を人類は、たった100年間で消尽しようとしている、人間が何か生んだか。生めるとしたら木だけかも知れないという問題の立て方をなさります。それに人間が気づくには、都市にいるだけではダメで、田舎と「参勤交代」が必要だということになるのですが、この文脈で、現在の政権が構想している「休暇分散化」や「高速道路無料化」を捉えたらどうか、という話をぼくの方で行いました。今回の委員会の収穫だと思っています。
実際に休暇分散化が制度化されると、いままで見えなかった暮らしのあり方がテーマ化されると思います。現在のところ、民主党はそういうストーリーを描けないでいますが、動き出したらおもしろいことになるという予感を持ちました。

委員会後、新建ハウジングと日刊木材新聞による座談会が、国交省の三日月政務官の部屋で行われました。座談会メンバーは、三日月政務官のほか、舟山農林政務官、天野礼子さんとわたしでした。両紙に、近いうちに紙面化されるものと思います。わが「びお」でも掲載の予定です。「びお」の方は、とりあえず当日のわたしの報告原稿を掲載します。

みなさま、おつかれさまでした。
[PR]
by sosakujo | 2010-03-16 15:07
“木の家づくり”から林業再生を考える委員会 2
先に紹介した「“木の家づくり”から林業再生を考える委員会」は、国交省住宅局長の指名によるものでしたが、前原国交大臣による指名の委員会に「昇格」しました。

ここ数日、ぼくには珍しく風邪を引いてしまい、市販の薬を飲んだら、やたらと眠くなり、ずっと床に臥せっておりました。喉風邪なのですが、かなり悪質なものでした。昨夜、薬をやめたら今朝は目覚めが良く、今日一日、幾つかの原稿を書き上げ、そうして明日の委員会に備えたいと思います。

今回の委員会は、ぼくの方で提出した「前原国交大臣への提言書」が切っ掛けになっており、その意味で責任重大です。幸い、とんでもなくおもしろい委員会構成(前回紹介しています)になっており、何人かの人から、予測のつかない委員会といわれていて、この混迷する状況を突破するユニークな打開策が飛び出すことが期待されます。
まあ、やるだけのことはやってみます。
[PR]
by sosakujo | 2010-03-14 04:00
“木の家づくり”から林業再生を考える委員会
“木の家づくり”から林業再生を考える委員会の設置及び第1回委員会の開催について、国交省住宅局のホームページにプレスリリースされました。
委員会設置の趣旨として、

“木の家づくり”を通じて、森林・林業の再生、低炭素社会の実現等を図るためには、林業・木材産業関係者から住宅生産者に至るまでの連携した取組が必要です。このため、これらの関係者が一堂に会して今後の取組の方向性等について検討する場として、国土交通省では、関係省庁との協力のもと、「“木の家づくり”から林業再生を考える委員会」を設置することといたしました。
 
ということが挙げられています。

第1回委員会の開催日時は、今月の15日、国交省内の会議室で開かれます。
委員会を構成する委員は、下記の通りです。

委員長  養老孟司  東京大学名誉教授
委員    青木宏之   社団法人全国中小建築工事業団体連合会会長
       天野礼子   作家
       五十嵐敬喜 法政大学大学院政治学研究科教授
       梅野博之   全国森林組合連合会常務理事
       岡橋清元   清光林業株式会社代表取締役社長
       川村誠    京都大学大学院農学研究科准教授
       神田順    東京大学大学院新領域創成科学研究科教授
       小池一三   町の工務店ネット代表
       小玉祐一郎 神戸芸術工科大学環境・建築デザイン学科教授
       竹内典之   京都大学名誉教授
       田瀬理夫   株式会社プランタゴ代表
       田村豪勇   全国建設労働組合総連合中央執行委員長
       中島浩一郎 銘建工業株式会社代表取締役社長
       永田昌民   建築家/株式会社自然エネルギー研究所代表取締役所長
       古瀬誠    株式会社山陰合同銀行取締役頭取
       益子義弘   建築家/東京芸術大学名誉教授
       豆原義重   国産材製材協会会長              (敬称略、五十音順)
行政から 内閣官房国家戦略室
       内閣官房地域活性化統合事務局
       農林水産省林野庁
       国土交通省住宅局【事務局】
       環境省地球環境局

わたしも委員の一人に選ばれました。
この委員会のおもしろさは、国交省を事務局にして、国家戦略室・内閣府・農林省・環境省による横断的な委員会ということです。タテ割ではなく、ヨコに結んでのものです。
二番目に、委員長に養老孟司さんが就任されることです。独自の史眼を持っておられますので、さてどんな議論が繰り広げられ、制度設計に結びつくのか、個人的にも興味津々というところです。三番目に、委員のメンバーのうち学識経験者は、これまで政府の委員に選ばれることの少なかった、個性的な人が選ばれていることです。また、組織・団体は、住宅・林業を代表するところが網羅的に選ばれていることです。


第1回の委員会は、冒頭、養老委員長が基調報告を行い、それを受けて、この委員会の全体の方向性について、わたしが報告します。それを受けて、地銀協会の古瀬山陰合同銀行頭取と、作家の天野礼子さんの報告が続きます。

この委員会は、わたしが前原国交大臣に提出した「提言書」をきっかけにして動き出したものであり、その意味で重大な役割を負っておりますので、懸命に努めたいと思います。
[PR]
by sosakujo | 2010-03-10 16:05
「吉野林業全書」を手に入れました
抄文を読んだことはありますが、丸ごと一冊「吉野林業全書」を手にしたことはありませんでした。入手し難く、高価な本なので、欲しくても、ぼくにとっては「幻の本」だったのですね。
webで検索し、見つけ出し、ようやく買い求めることができました。

本自体は虫が食っていて、ページをめくるたびに埃が立つような状態のものです。綴じがバラバラになっていて扱いに苦労しますが、そんな本を手に、ニヤついています。そんな状態のぼくを、事務所のみんなは、気持ち悪そうに見ています(笑い)。
抄文や抜き刷りと違って、何しろ読み応えがあります。当時の施業の模様が、絵入りで解説されていて手に取るように分かります。これが実にたのしいのです。ぐふふ。

今回、どうしても「吉野林業全書」を手に入れたかったのは、日本の人工林経営の嚆矢(こうし)とされる吉野林業の歴史を正確に知っておきたいと考えたからです。
特に「樽丸林業」の全体と細部を知りたいと思いました。

「樽丸」は、山から半製品で町に出てきました。山守さんたちの仕事でした。
灘の生一本や伏見の清酒樽は、吉野あってのことで、樽は板目が、桶は柾目が使われました。
色の濃い板目は、水分を弾く性質を持っています。だから、お酒を保存するのに、何層にも板目が通っている材が適していました。
九州の飫肥材の年輪一本に吉野材は8本もの年輪があるといわれました。灘や伏見の酒は、吉野の「樽丸」によって育まれたのです。
しかし、お櫃などの桶は、水分をよく吸収してくれる、やわらかい早材部分の柾目が適していました。お櫃のご飯がべとつかないのは、このことによります。

しかし、今は酒樽は僅かしか造られておらず、お櫃も家庭から姿を消しました。
吉野の「樽丸林業」は、すでに過去のものになりました。

この「樽丸」に代わる、材の新しい「出口」はないものか。
それが、現在、自分に課しているテーマの一つです。
[PR]
by sosakujo | 2010-03-09 18:14
ランドスケープと田瀬理夫さん
ランドスケープの田瀬さんに協力していただいて、町の工務店ネットで「一坪里山」に取り組んでいます。桔梗やリンドウまでが絶滅危惧種に指定されるなかで自生種を守れるのは、もう家の庭しかないのではないか。家の庭なら、家族に育てる意思があれば育つし、デッキに設えた「一坪里山」で育てたものを、家の庭に、また知り合いに株分けして育ててもらうことが可能です。

そんなわけで、このところ田瀬さんの教えを乞うていますが、わたしの方でも拠点のある岩手遠野に出向いたりしたこともあり、とうとう門外漢のぼくなのに、専門誌である『ランドスケープデザイン』という雑誌の最新号(NO71号)に原稿を書くことになり、その雑誌が発行されました。

特集は「生物多様性の風景デザイン』ですが、「アクロス福岡」をはじめとする、田瀬さんの一連のお仕事が掲載され、「多様性の本質に気づく感性を養う」と題する、田瀬さんのインタビュー記事などもあって、なかなか読み応えのある特集となっています。わたしの原稿は寄稿扱いになっていて(映画でいう特別出演みたいなものですね。笑い)、タイトルは「生物多様性とは、その地域に『あるべきもの』が『ある』状態をいう」という、少しばかり知ったかぶりのもので、自分で付けておいて、頬を赤らめています。

よろしければ、お買い求めの上、ご一読ください。
[PR]
by sosakujo | 2010-03-05 15:33