title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
讃岐にて
先週は讃岐に3日間いて、そのあと横浜・東京と回って昨夜戻ってきました。
讃岐は、森里海連環学の実践塾で、今回は「里」がテーマ。参加者は35銘。

讃岐を、ぼくは「野の国」と勝手に名付けています。大きな森を持つ山はなく、大きな川もなく、池は14,000もあって、それだけで水が悩みの種であったことが分かります。バスの中で、線香水やら走り水、番水など、水の配分をめぐるやり取り、雨乞いの念仏踊りなどの話をしました。
最初に向ったのは「まんのう池」です。1300年前に造られた讃岐一の池です。そのあとベーハ小屋を訪ね、見て回りました。

そのあと、菅組菅徹夫さんが追っておられるベーハ小屋を4ヶ所も見て回りました。なぜ、菅徹夫さんがこんなに熱心にベーハ小屋を追っておられるのか、その意味について少々述べました。
ベーハ小屋は余分なものがなく、必要とされる機能に従って建てられた建築物であり、その美しさは、内藤廣さんがいう「素形」が持つところの美しさではないかと申し上げました。ベーハ小屋は産業用に建てられた建築物です。したがって、モダニズム建築の一種であるわけですが、それが不思議と讃岐の野に合っています。大きな平屋の屋根に、ベーハ小屋の腰屋根が首を出していて、そのプロポーション(比例・均衡)が絶妙なのです。

ホテルを会場にしての塾では、ハイホームズの杉村さんに、『住まいを予防医学する本』で取り上げた「食の会のその後」についてお話いただきました。
ぼくの方で、町の商店街が元気である意味について、あれこれお話しました。

翌日は、菅組が建てた「讃岐町家」を、みんなで見学しました。土器川が前にあり、独立峰の讃岐富士が見えます。ロケーションが素晴らしく、カメラマンの市川かおりさんは、建物と川と山を一緒に納めるアングルをとらえた写真を撮られていました。撮影は前々日から始まっており、かなりの点数を撮っていただきました。仕上がりが楽しみです。
この見学会の前週に、ユーザー対象の見学会が開かれ200組の見学者があったそうです。

前日、みんなが讃岐入りする前に、趙海光さんと金丸工務店の、その名も同じ「讃岐町家」を見学しました。こちらは平屋の町家でした。

3月は24~25日と「伊勢と名古屋」の建物見学。
4月は6~7日と特別企画で「吉野岡橋山」の見学とシンポジウム
21~22日と「博多・山口・広島・姫路」と見て歩く「町家見学ツアー」を開きます。

月曜日から宮崎・熊本に行きます。
15日に国交省を中心とした『木の家づくりから林業再生を考える委員会」が、長い準備を経て、いよいよ発足します。委員長は養老孟司さんです。
[PR]
by sosakujo | 2010-02-27 22:35
高津川・博多・臼杵・大分
島根県の高津川流域・益田の集いに参加し、その足で博多に行き、続いて臼杵、大分と回って、昨夜遅く浜松に戻りました。この時期、どこも魚がおいしくて、殊に臼杵はふぐの本場。

臼杵のふぐは日本で一番の味だと、亡くなった筑紫哲也さんが言っていて、天野礼子さんが日田からタクシーを飛ばして臼杵まで行ったという話しを聞きました。日田と臼杵の距離は、高速を利用しても2時間近くありますので、さぞタクシー代を要したろうと思いました。
で、食してみて、これはやはり絶品でした。前の臼杵市長で林業家の後藤国利さんにご紹介いただいたお店でしたが、おいしいだけでなく、一人前12,000-と安いのです。そんなに高いの、という人がいるかも知れませんが、これは比較の話であって、大分市内だと24,000-、博多だと40,000-、東京では60,000~80,000-のレベルのものです。

臼杵のてっさ(ふぐ刺し)は、身が厚いと聞いていましたが、しっかのした歯ごたえがあって、てっさという言葉が 「鉄」を促音化した語だということがよく分りました。まさに「鉄の刺身」でした。
ふぐには猛毒があり、殊に肝はヤバイとされていますが、大分市内のふぐ屋は、この肝をポン酢に入れて、ふぐ刺しのタレにします。その本元が臼杵で、たっぷりと肝がどんぶりに盛られて出ました。むかし奥村さんに、ふぐに当たったらどうします、と聞いたことがあります。そのときの奥村さんの返答は、おいしいものを食べて死ぬなら本望だというものでした。その言葉が、頭にちらりと浮かびました。
白子も抜群でした。白子は幾分かの生臭さがあって、それが良いという人もいますが、その臭いがなく、さっぱりとしながら喉越しは濃厚でした。

今回の旅は、むろん、ふぐを食べるのが目的ではありません。博多では、博多町家と宮崎・高千穂の山のパンフ、浜松住宅(諫早)さんのモデルハウスの打ち合わせ、大分では臼杵の後藤さんの山を見るのと、大分のウッドミュージアムの展示内容を詰めるのが、今回の仕事でした。
これらは、そうとうおもしろく進行しています。
[PR]
by sosakujo | 2010-02-17 10:14
山田洋次監督『家族』再見
山田洋次監督の新作『おとうと』を見て、前にみた『家族』という映画を思い出しました。それでビデオショップに走ってDVDを借りてきて再見しました。見直してみて、これはやはり凄い映画だと思いました。

『家族』は、1970年に松竹で公開されました。もう40年前の映画なのですね。

この映画は、長崎県の伊王島を離れ、北海道の標津郡中標津町に移住する一家の姿をドキュメンタリー風に撮った作品です。酪農を夢見ていた主人公の決断によるものでした。1年間掛け、日本列島3000㌔をロケして撮られた作品で、当時の日本の風景が活写されています。

主人公の風見精一を井川比佐志が演じています。
井川は当時、俳優座の役者でベルトルト・ブレヒトの『セチュアンの善人』(演出/千田是也)で水売りのワンを演じ、それを見てました。この芝居は神様役の三島雅夫がよく、三島の頭のてっぺんから出てくる声に魅せられました。井川の声質は、その三島と対照をなし、くぐもった声でした。これも魅力的で、こんな役者があらわれたんだ、と思いました。
DVDで井川の声を聴きながら、この舞台のことが思い出されました。

映画の方は、妻の民子を倍賞千恵子が初々しく健気に演じました。この人はきれいな日本語を喋ることができる女優さんで、井川の声と、やはり対象をなしていました。井川の声は、底辺を生きる男の声ですね。
父源蔵は笠智衆で、笠の代表作の一つといっていいものだと思いました。この夫婦と旅を共にし、中標津に着き、歓迎会で炭坑節を唄って、翌朝息を引き取るという役ですが、調子外れの炭坑節が実によかったです。
東京で夫婦が赤ん坊のことで走り回っているとき、男の子と一緒に動物園に行きます。男の子が、売店のお菓子をじろじろ見ていたら、見かねた店員がお菓子をくれます。喜んで戻ってきた男の子を源蔵は叱りつけ、お金を渡して払って来いと戻します。貧乏していても乞食じゃないというのです。このときの笠がいいのです。

山田洋次が描く家族は、粗野ではあっても卑ではない家族です。
ぼくは母の遺訓は、「貧乏していても、心は紳士でいなあかんで」というものでした。
この映画での笠智衆が、そんな「紳士」で、それは『東京物語』など、笠が演じる役のほとんどに共通しているものです。海外で、日本の男というと三船敏郎となりますが、いや、笠智衆こそジェントルマンだという見方もあります。こういうキャラクターを持つ役者がいなくなったように思います。日本全体が下品になったのかも知れません。

一家は、大阪で日本万国博覧会を見物したあと、その日のうちに東京に到着しますが、長旅に疲れた長女の赤ん坊がひきつけを起こし、治療が遅れたため息を引き取ります。旅の途中で葬式を行いますが、その悲痛をだれも救えません。
父源蔵の死といい、赤ん坊の死といい、この一家の旅の間に起こる現実は、あまりに過酷です。

この映画に描かれている世界は、あの当時の日本そのものだと思いました。
誰もが、あの歴史のなかを生きていたのです。

この映画をを再見しながら、ジョン・フォード監督による『怒りのぶどう』(原作/ジョン・スタインベック)を思い出しました。凶作の土地を逃れて、カリフォルニアに移住する一家の苦難を描いた映画でした。ゴールドラッシュに沸く当時のアメリカと、高度経済成長期の日本とが重なり、二つの家族の苦難はそっくりだと思いました。

そして、二つの映画は、今の経済下で、それは再び起こり得る現実でもあると思いました。
[PR]
by sosakujo | 2010-02-11 22:38
二人の映画監督による『おとうと』
先週末、山田洋次監督の新作、『おとうと』を観てきました。
この映画は、前に市川崑監督によって撮られていて、山田の同監督へのオマージュを意味する映画です。
市川監督による『おとうと』は、中学生のときに観ています。姉である主人公の岸恵子が、河原沿いの道を早足で歩くシーンが記憶につよく、弟役の川口浩のの顔をよく覚えています。

あと覚えていたのは、夜中に目が覚めると死の恐怖に襲われる弟に、姉がリボンの紐を手に結んで「目が覚めたら紐を引っ張るのよ」というシーンて゜す。ぼくは男の兄妹だけで育ったので、岸恵子のような姉さんがいるといいと思いました。

山田洋次監督による新しい『おとうと』の姉弟は、今の吉永小百合と笑福亭鶴瓶だから、若くありません。もし市川の姉弟の関係が数十年後だったら、というシチュエーションのもとに描かれています。
前半は鶴瓶の寅さんを思わせる破壊的なおもしろさに笑ってしまいましたが、後半は一転してシリアスな話で、今の介護問題を鋭く刺す映画となっています。しかし、終盤にリボンの紐を手に結ぶシーンがあって、なるほど、この映画は市川崑さんへのオマージュだと合点が行きました。

鶴瓶の弟は予想以上の出来でした。
『母べい』の伯父さん役、最近の『ディア・ドクター』のニセ医者などに続く巧者ぶりで、今、脂が乗っています。『おとうと』では、厄介極まる鈍感さと図々しさが顔を出していて、テレビで見せる剽窃さを消していました。
山田監督はパンフレットに「家族という厄介な絆」を書いていますが、この弟に、姉の吉永小百合を配しているところに、家族というものの計り難さがあると思いました。
 
この映画のことは、『住む』の「センス・オブ・プロポーション」という連載エッセイに書きましたが、発行されるのは来月20日頃となり、映画館での上映は終わっていると思われるので、ぜひ、多くの人に観てもらいたくて少しだけ紹介しました。

この映画を観る前に、NHKのドキュメンタリー『無縁死』という番組にショックを受けました。ここまで人間は寸断されているのか。それに対して住宅は何が出来るのかを、ぼくは考えたのでした。この映画の感想を述べながら、その問いに応えた一文となっています。
[PR]
by sosakujo | 2010-02-08 12:58
奥村昭雄さんの立春大吉
「びお」の更新で、奥村昭雄さんの『立春大吉』の年賀状47年分と、今年の年賀状を掲載します。夕方までに更新されると思います。わたしも一文を寄せていただきました。ぜひ、ご覧下さい。

「びお」の表紙になっている24節季の絵を配したカレンダーも、今日から始まります。
このカレンダーのことは
秋山東一さんが akisSTOCKTAKINGに、
川添光代さんのブロhttp://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
に書いていただきました。
かなり風変わりなカレンダーで、何しろ1p目が立春の今日。
しかし、このカレンダーなかなかの人気でして、これまでのカレンダーと時間軸が異なっています。元日から始まる一ヶ月・一週間のカレンダーは、経済サイクルを基本としていますが、こちらは24節季(15日に1回)・
72候(5日に1回)にしたがった「旬」のカレンダーです。
でも、戸惑いも多いようですね(笑い)。
誰だ、こんなの印刷までしてしまったのは?
といわれているとか。
でも、このカレンダーにしたがうと、季節の見え方が違ってくるといわれています。
残部10部ほどあります。
[PR]
by sosakujo | 2010-02-04 12:44
対州檜は使えるのか?
対州檜(たいしゅうひ)は使えるのか? という一文を「びお」に掲載しました。
対馬でシンポジウムを開き935名もの人が集まったのに、泰山鳴動鼠一匹出ず、というのでは何のために開いたのか分らなくなります。対馬に何を残せるのか、肩に重くのしかかるものがあり、ぼくなりに、こういうことならやれるのでは、と書いたのがこの一文です。
まずは、「びお」を開いてご一読いただければ幸いです。

次回の「びお」の更新では、奥村昭雄さんの47年間の年賀状を一挙公開します。そこにも一文を書き、また田瀬さんからの依頼で『ランドスケープ』という雑誌にも原稿を書きました。そのほか、8冊のパンフ(小冊子)の原稿を書き進めています。

木造の保育園のサイン計画というのもあり、これは楽しくやれそうです。保育室の名前に一趣向を凝らしました。そのうち「びお」で、木造保育園の特集をやれますので、その折に紹介します。

今週は、めずらしく出張がなく、事務所に篭って原稿を書き進めます。
[PR]
by sosakujo | 2010-02-01 08:58