title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
松沢神奈川県知事と山口由美さんの著作権裁判
わたしの友人の山口由美さんが、松沢成文神奈川知事を相手どって訴えた著作権を巡る裁判で、著書の1部が「著作権侵害」にあたるとされ、見事、勝訴しました。由美さんからの報を受け、

「おめでとうございます。祝杯ですね!」と、早速メールしました。

著作権侵害にあたるとされた内容は、箱根の老舗ホテル「富士屋ホテル」創業者の子孫で作家である山口由美さんの自著の本の記述を、松沢神奈川県知事がそのまま自分の本に載せたことです。この訴えに対し、東京地裁は29日、知事側敗訴の判決を言い渡したのです。本の販売禁止と賠償命令を出した判決なので、著作権を巡る判例としても画期的なものです。
それにしても由美さんの勇気は見上げたものです。相手取った対象が、松沢知事であり、発行元の講談社であった点に、『恐いもの知らず」というのか、彼女の面目躍如たるものがあります。

何しろ由美さんは「人食い人種」のパプアニューギニアの村に、女一人で行っちゃう人なのですから。彼女いわく「あれは部族間の戦いで、一方を殺したら、それを食するのが礼儀なの。ほら、釣った魚を食べるのが礼儀というでしょ」というのです。これには、ぶったまげました。今はそういう習慣はないそうですが、仮にそうであっても、想像しただけでゾッとして、その村に一人で行くのは足が竦みます。ところが彼女にとっては、彼らはむやみに人を食べないという「理」が勝つのです。
この点で由美さんは稀にみる女性だと、かねて畏敬しておりましたが、今回の快挙に、改めて彼女の凄さを感じました。
でも由美さんの本領は、流麗な文章にあり、その生い立ちからして、日本近代の「王朝文学」を書ける人だとぼくは思っていて、それを彼女にいい続けています。たとえて言えば、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』のような。それを言うと「買い被りよ」といいますが、ぼくはそう信じているのです。

松沢県知事は、そんな相手の一文を盗んだわけで、舐めてかかると、こういう羽目になるということを思い知るべきです。『鬼龍院花子の生涯』の決めセリフではありませんが、「舐めたらあかんぜよ」。

NHKのニュースにも報道され、今朝の新聞で全国紙各紙が報道しました。これから週刊誌などでも出るでしょうが、多分、松沢知事を揶揄する記事に終始することでしょう。けれども、一人の女性ライターが、今を時めく県知事と大出版社の講談社を相手に、かくも勇気を奮って闘ったことを称えてほしいと思います。

裁判の結果に対して松沢知事は「1カ所2行のみとはいえ敗訴部分があるというのは到底受け入れられない』(毎日新聞)などとのたまき、即日控訴しましたが、この裁判では2行の表現のみに著作権侵害を認めたというものの、疑わしい箇所はいくつもあり、それを見かねて由美さんが訴えたことを、松沢知事は知るべきです。というより、「2行だけだから」ということを楯に控訴するなんて、まったく往生際が悪いというか、厚顔無恥です。
仮にもし2行だとしても、作家が苦心惨憺、表現したことの重みを裁判は認定したわけで、「2行のみ」と軽く扱うところに、この知事の著作権、表現の重みに対する認識の甘さがあります。ぼくの経験知からして、一事が万事、こういうことを軽く扱う人間にロクな奴はいません。まして、自分のやったことを反省しないで控訴するなんて、およそ謙虚さを欠いています。

権力を持つと、ものが見えなくなるという、それは典型的な姿といわねばなりません。個人が権力や組織と訴訟で争うのは負担が重く、大変なことですが、譲れないものは譲れないですものね。一寸の虫にも五分の魂があるのですから。

由美さん、長い闘い、お疲れさまでした。これからも大変ですが、まずは拍手を送ります。

由美さんには、住まいネット新聞「びお」に何回か書いていただいています。
読者には、この機会に、彼女の本を買って読んで下さることをお奨めします。
最近書かれた『消えた宿泊名簿~ホテルが語る戦争の記憶』(新潮社)は、読み応えのある一冊で、日本の現代史の一つの証言になっています。
今、長崎のグラバー邸で有名なグラバーその人のことを書かれています。この秋には出版されるそうです。

山口由美さんの公式webサイト
www.yumiyamaguchi.com/
[PR]
by sosakujo | 2010-01-30 06:06
森里海連環学実践塾&現代町家塾 in 讃岐
対馬に続いて、来月は讃岐で、森里海連環学実践塾& 現代町家塾in 讃岐を開きます。
ジョイント塾です。詳細は、下記の次第です。
 
第8回 森里海連環学実践塾&現代町家塾 in 讃岐   

野の国、讃岐で開く、
森里海連環学実践塾と現代町家塾

雨乞いと溜池。おにぎり山とベーハ小屋。そして讃岐うどん。讃岐の工務店、菅組・菅徹夫さんがブログで追っておられる世界です。その世界を共に過ごし、同時に竣工したばかりの「讃岐町家」を見学する “ジョイント塾” を開催します。
今回の塾では、今、全国の商店街で起こっている「シャッター通り」を、工務店がどう考え、関わるかを一つのテーマにします。『住まいを予防医学する本』で取り上げられた、静岡県岡部町のその後について、ハイホームスの杉村社長にご報告いただきます。

【スケジュール】(敬称略)
■2月24日(水)
13:00       JR丸亀駅に集合。
13:00~15:30 満濃池・ベーハ小屋を見て回りながら移動。
*雨が少なく、大きな川がない讃岐の“水問題”を、満濃池見学を通して考える。
15:30~16:00 菅組の地域型住宅「讃岐舎」見学。
16:00~18:00 森里海連環学実践塾・“里”が抱える問題を考える。
報告:岡部町商店街、その後/(株)ハイホームス・杉村喜美雄
(ホテルチェックイン後)
19:00~      交流会

■2月25日(木)
08:30 ホテル出発
09:00~9:30  「讃岐町家」見学。菅組による“一坪里山” も披露していただきます。
09:30~11:50  現代町家塾
報告:「現代町家」と「讃岐舎」/(株)菅組・菅徹夫
批評会:趙海光・村田直子
12:00 昼食/これが本場の讃岐うどんだ!
13:30 JR丸亀駅にて解散。

●定員 20名   ●宿泊 オークラホテル丸亀(瀬戸内海に面したホテルです)
●参加費 25.000円(+消費税)/人
(宿泊費、交流会(お酒含)、バス代、会場費、(25日の)朝・昼食、講師負担、資料代)

申込先⇒⇒FAX:053-476-1313
町の工務店ネット事務局 〒432-8002 静岡県浜松市中区富塚町2282-17
TEL:053-476-1300 http://www.bionet.jp/
[PR]
by sosakujo | 2010-01-26 20:50
速報! 森里海連環学in対馬
長崎県対馬で、22日~24日にかけて、森里海連環学の実践塾を開いています。今日はその最終日。対馬の北端まで行き、途中、対州檜の森に入ります。

昨日のシンポジウムは、大変な盛況で来場者は935名を数え、なお会場に入れなかった人が200名ほどいたそうで、対馬で一番大きなホールの開館以来の入場者レコードをつくりました。それまでのレコードは、水森かおlや鳥羽一郎などの歌手だそうで600名ほどといいますから、地味な内容のシンポジウムに、これほどの人が集まったのは驚くべきことです。

基調講演はC.W.ニコルさん。サケが森をつくるという話をされました。講師控室をニコルさんと共にしたところ、緊張のため昼食を口にされませんでした。シャイで生真面目な人だと思いました。けれど、講演でのニコルさんの話は、いつもながらのユーモアと洒脱に富み愉しいものでした。

ニコルさんのお話のあと、竹内典之(京都大学名誉教授)梶山恵司(内閣府国家戦略室審議官)岡橋清元(清光林業/吉野岡橋山)各氏と、最後にわたし。パネルディスカッションは、天野礼子(作家)さんの司会のもと、財部対馬市長、対馬の森林組合・農業協同組合・漁業協同組合の各代表、それから町の工務店ネットのメンバーである長崎の工務店・輝星建設の平山耐社長によるパネルディスカッションが行われました。

このパネルディスカッションでおもしろかったのは、森林組合・農協・漁協の組合員が重なっているということでした。山仕事もしていれば、田や畑も、漁業も一つ仕事にしているというのです。民俗学者の宮本常一や、歴史学者網野達彦などが書いてきた分業が始まる前の地域史の労働と暮らしの姿が、いまもそうしてあることに、感銘を受け、またその具体的に内容を知りたいと思いました。

シンポジウムの開会は、山田正彦農林副大臣が、閉会は島田泰助林野庁長官が務められ、夜のパーティも大いに盛り上がりました。

ぼくの方の話は、初日に竜良山原生林に入った感想を述べました。古代からの森として、屋久島と照葉樹林の竜良山原生林との違いはどこにあるのか、東洋思想との関係で触れました。そのあと、「対州檜で家をつくる」という、与えられたテーマについて述べました。それらのくわしい内容は、「びお」の方で書くことにします。

2日目の夜は、宿舎のホテルのロビーで、フロントから咎められるまで、ニコルさんや竹内さんなどとお酒を飲んで過ごしました。

以上、取り急ぎご報告まで。
[PR]
by sosakujo | 2010-01-24 06:58
今日から対馬で森里海・実践塾
今日から長崎県の離島、対馬で森里海連環学実践塾を開きます。
実践塾の参加者は、全部で37名です。冬の対馬に、果たしてどれだけの人が集まるのか心配でいましたが、予想以上の参加者に驚いています。

初日の今日は、竜良山原生林に入ります。太古から斧が一回も入ったことがないという、照葉樹林の森です。この原生林のことは、前に「びお」に書いています。この森の特長は、屋久島のように、樹齢何千年の木というのではなく、絶えざる更新によって生き続けてきた森、という点にあります。
対馬は屋久島より大きな島で、見に行くところはたくさんありますが、初日は、この原生林の見学に時間を割くことにしました。前回よりも奥まで入ります。

C.W.ニコルさんと天野礼子さんは、昨夜から対馬に入っています。ニコルさんは、かなり入れ込んでおられるようで、竜良山原生林について、どういう感想を持たれるか楽しみです。
ぼくの方は、昨日まで出雲にいたので対馬入りできず、博多に入り、早朝の便でみんなより一足早く対馬に入ります。空港でみんなをお迎えします。
今夜は交流会、島田林野庁長官も見えられます。最近見て回った九州の山のことを、いろいろお話できればと思っています。
九州の山は皆伐の山が多くて、とりあえずの「しのぎ」のためにはやむを得ないという受け止め方があるようです。しかしこれは、長伐期の山というあり方と相容れないものです。林野庁も皆伐はいけないと言っていますが、現実はかくの如しです。

明日は、シンポジウムで30分ほどお話することになっています。何をお話しするのか、まだ決めていません。今日、原生林を歩きながら考えることにします。

24日は「対州檜」(たいしゅうひ)の森に入ります。
対馬の北端まで出掛けます。天気がよければ釜山が見えます。対馬は長崎や福岡より、釜山の方が近いのです。
問題は「対州檜」です。戦後の拡大造林時、対馬を訪れた民俗学者の宮本常一は、その熱心な植林をみて、50年後の対馬は「森林王国」になると書きました。そのとき、自生する「対州檜」があり、そして植林があり、ということで対馬の林業に期待をもったのですが、その後、「対州檜」と呼ばれる木はほとんど伐採されてしまい、造林された山は「放置林」ばかりです。ぼくはまだ、実のところ「対州檜」と呼ばれるものを見たことはありません。拡大造林されたものを丸太で運び出し、そのまま船で持って行かれます。

どうするのか。それはこの現実を、対馬の人がどう考えるかに尽きます。
[PR]
by sosakujo | 2010-01-22 05:23
二冊の冊子原稿書き上げました
ようやくというべきか、暮れから書きだした48pと24pの冊子原稿、今朝ほど書き上げました。その間に、雑誌の原稿や何や、暮れの首相官邸でのあれこれ、年賀状など、いろいろありましたが、頭の芯はいつも、この冊子にありました。イラストレーターやグラフィックの方々が、ぼくの原稿に追われていますが、ひとまずぼくの方は終えました。バンザーイ! というところです。

といっても、あと5冊、2月末をめどに仕上げなければなりません。
こんなことで、年始に誓った、今年は小説をという願いは果たせるのかどうか不安です。資料は溜まっていて、構想も熟して来ているのだけど、まだ書きだすに至っていません。いっそ、ブログで連載をと思いましたが、無謀この上ないといわれています。

明日は出雲に行き、そのあと冬の対馬の原生林に入ります。C.W.ニコルさんや天野礼子さん、それから全国の森里海連環学のメンバーも一緒です。シンポジウムでは30分ほど話さなければなりませんが、何をお話しするか、まだ決めていません。三回目の対馬ですが、冬は初めてです。
[PR]
by sosakujo | 2010-01-19 06:28
サルガドの写真
たった今まで、NHK教育テレビの「日曜美術館」で、サルガドの特集を見ていました。
フォト・ドキュメンタリーで知られるセバスチャン・サルガド(Sebastião Salgado、1944~)です。
エチオピアや、ルワンダや、タンザニアの難民など、悲惨な現実を撮りながら、神々しいまでに美しい写真でした。彼は3ヶ月間も難民と行動を共にしながら、これしかないという表現で写真を撮ります。
カメラはライカで、レンズは標準レンズが基本です。
世界にこういうカメラマンがいるという、その存在自体が奇跡のように思いました。

このところデジタルで写真を撮っています。
サルガドの写真を見ると、自分の写真がいかにダメか痛感します。
対象に対する目も、カメラワークも、何もかもがダメです。
サルガドは、番組の中で写真の四隅をちゃんと見ろ、といいます。
ほとんどの写真は、焦点にしているところばかりに目が行って、四隅を見ていないというのです。そうか、四隅を見るだけで違ってくるのか、と思いました。
多分、それを真似たからといって、サルガドのような写真が撮れるわけではないでしょうし、結局、何を凝視しているのか、ものを射抜く思想が問われているのでしょうが、とりあえず、この指摘に従ってみようと思います。

今週は出雲に入って、そのあと博多、そして対馬での『森里海連環学in対馬」とシンポジウムで3日間、そのあと東京に飛んで、来週月曜日に浜松に戻ります。
カメラは持参します。
[PR]
by sosakujo | 2010-01-17 21:12
今朝の新聞記事
今朝の朝日新聞(東京版)におもしろい記事がでていました。一本は4面に出ていた「探訪保守」という記事です。「秘書上がり 世襲いえぬ風土」と見出しがつけられ、参議院自民党の重鎮である青木幹雄氏と竹下登元総理、奥出雲の田部家の話が書かれていました。「大晦日の出雲は吹雪だった」という書き出しで始まる長文記事でしたが、筆力があり、一気に読み切りました。ゾクゾクするほど、おもしろい記事でした。記者の名前は南彰という人で、今年30歳になるそうです。30歳というのは田部家の25代当主になる後継ぎが、同じ30歳ということで彼我の違いを書いています。
今後、この記者が書くものに注目しようと思いました。

もう一本の記事は、15面の「私の視点」の上の大きなインタビュー記事で、今日は落語家の三遊亭白鳥さんが取り上げられていました。この落語家は、世の中の森羅万象を題材に、意表をついた笑いで知られる注目の落語家です。この落語家は「地方問題の語りべ」といわれ、100を超える市町村を駆け回っています。白鳥は、地方の商店街を「長屋」に見立てて、お年寄りも働き、貧乏の連鎖を防ぐことを、笑いのうちに語ります。この記事は、その模様をくわしく伝えています。
ここには、学べる発想があると思いました。

わたしの朝は、3時ごろに起きて原稿を書き、6時ごろから新聞に目を通し、ご飯を食べて、朝風呂に入って、8時ごろに出勤するという毎日です。
[PR]
by sosakujo | 2010-01-08 09:03
今日、仕事始め
今日、小池創作所の仕事始めです。この年末年始は、例の「成長戦略説明会」に追われ、残されているパンフレットの原稿を書き、ということで仕事づくめでした。年賀状を読むのが一休みという感じでした。

年賀状の楽しみは、その人の近況を知る機会になります。数十年も会っていないけれど、無事を確認できるわけで、これは得難いものがあります。賀正、謹賀新年というだけの無粋なものもありますが、それはそれでその人柄を伝えていて、いいと思います。子供や孫の写真が印刷されているものがあり、これは拡大鏡を当ててみます。幼いころや若いころの面ざしを、子や孫に見出そうものなら、これは至福といっていい愉しさがありますね。

今月は、出雲・対馬と回る予定がありますが、それまでにパンフの見通しをつけなければならず、土日の休みもなさそうです。そんな新年を過ごしております。
[PR]
by sosakujo | 2010-01-06 07:05
あけましておめでとうございます
新年、あけましておめでとうございます。
よきお正月をお迎えのこととお喜び申し上げます。

さて、ぼくの今年のお正月は、家で迎えました。
NHKテレビの『ゆく年くる年』の時刻が0時を打ったら、「おめでとう」の言葉を掛けあい、近くの有玉神社に初詣に出掛けます。今年は息子と一緒に出掛けました。この神社ではお酒と甘酒が振る舞われていて、ぼくは運転していることもあり、甘酒を戴きました。家に戻って『朝まで生テレビ』を見て、議論の行き末が、およそ予想をつくところで眠りにつきました。

初日の出は、今年は例年より遅くて、きっちり7:00に、東の磐田原台地に淀む雲の間からまん丸い顔を見せてくれました。外は小雪が舞っています。筋状の冬型の気圧配置がきつくて、日本海側では初日の出を拝むことはできないだろうな、ということを、いろいろな人の顔を思い浮かべながら思いました。

住まいネット新聞『びお』の新年の特集は、全国各地のお雑煮をテーマにしています。ぼくの方は「2010年を緑の時代へ」という年頭所感と、花々舎の句の原稿を21時位に編集スタッフに送信しました。『紅白歌合戦』を聴きながら書いたのでした。

この正月休みは、地域住宅推進モデル事業関連のパンフレットの原稿を書きます。たくさん書かなければならず、今年一年の多忙が、そこに現れているようで、今年もまた走り回り、パソコンに向かうことの多い一年になることを予感しながら過ごしています。

今年は、ここ数年取り組んできたことが、ようやく実りを見せる年になりそうです。
飛躍の年に、と念じています。

六根清浄、お山は晴天。
今年もよろしくお願いします。
[PR]
by sosakujo | 2010-01-01 07:28