title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
アノニマス・デザイン
 秋山さんがトラックバックしてくださいました。
 ぼくのブログは、いつも言い放ちのブログで、トラックバックへの書き込みができないつくりでしたが、これまでのやり方を改め、その第一弾を秋山さんが書いてくださいました。

    あとで気づいたら、東大院生の上楢さんが書いていてくださいました。
    うっかりしていて、すいません。

 前回は「倫理」ということを問題にしましたが、秋山さんが普段言っておられるなかで、もうひとつ重要なことはアノニマス・デザインということだろうと思います。セルフビルドということも、この文脈のなかにあることで、この建築家を解く上で、アノニマス・デザインはカギになる言葉だとおもいます。
 柳宗理に「アノニマス・デザイン」(『柳宗理エッセイ』平凡社刊)というエッセイがあります。
 彼はアノニマス・デザインを、インパルス・デザイン(商品の回転を早めるため、移り変わりの早い流行のデザイン。くどくどしい、これみよがしのデザイン)に対比して語っていて、このエッセイを読んで、秋山さんのことが少し分かった気がしました。
 というのは、秋山さんは建築家であり、デザイナーです。その秋山さんがアノニマス・デザインをいうのは自己矛盾ではないか、とぼくは思っていました。秋山さんのデザインに魅かれる人は、秋山個人がそこにあるからであって、誰がつくったのか分らないものを欲しているわけではなかろう、と思っていたのです。
 柳宗理は、このエッセイで「健康な、平穏な美しさ」ということを言っています。その代表的な例としてブルージーンズを挙げ、鉱夫の衣服であったジーパンは、機能からディテールが決まっていき、染めやすさからブルーになり、綻びやすいポケットのつけ根だから銅製のリベットがつけられたプロセスを書いています。
 柳は、続いて野球のボールの「健全な様態」について述べていて、鞣(なめし)革を赤い糸で縫い合わせた高次曲線の美しさを、用美の極地と述べています。それに比し、売らんがためのインパルス・デザインの貧を、彼は容赦なく衝くのです。
 こうみてくると、秋山さんはブルージーンズや野球のボールのように、明快で、意味のあるデザインを欲していて、自分も、そういうものを生む一人の使徒に過ぎないと思っておられるのだということに気づかないではいられません。連日のように、氏がブログで繰り広げているモノへのこだわりは、このことを抜きにしては語れないと思うのです。
[PR]
by sosakujo | 2007-06-26 09:18
<< 教会の設計プレゼンなど 秋山東一さんのバラック論 >>