title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
中国の大気汚染
中国の大気汚染が深刻さを増しています。
1月の北京は「濃霧」が掛かった日が25日ということで、PM2.5(直径2.5マイクログラム以上。人の髪の毛の40分の1以下の粒子状物質)の測定値を超えた日が15日、29日には計測外の数字がでました。

わたしは中国に事務所を持ち、仕事をしたことがあります。北京オリンピックの4年前あたりで、政府高官と精華大学の先生方とシンポジウムを開いたとき、わたしは北京オリンピックの前に、中国は空気汚染で、不名誉な金メダルをとる可能性大であると申し上げました。精華大学の教授は身を乗り出しましたが、政府高官には苦虫をつぶしたような顔をしていました。

わたしの話は、リスクをいかに回避するかという観点からのものでした。中国の友人という気持ちで率直に申し上げましたが、当時は(今も多くは)「発展こそ美しい」という観念に捉われていて、この話は無視されました。

あのとき、移動の車はドイツ車でしたが、ドイツの環境規制をクリアしたものではなく、当時の中国の規制の範囲のもので、これはどういうことだ、と思ったものです。あの巨大な国の為政者のレベルの低さを感じました。これはいずれ大きな問題に発展すると思われましたが、それがいよいよ顕在化されました。

中国の大気汚染は、日本にも飛来してきます。大気には国境がありませんので・・・。
日本の環境基本法の基準量は1日平均で1㎥あたり35マイクログラムですが、朝日新聞の報道では30日に山口県宇部市で48マイクログラム、31日に長崎県内4ヶ所で41マイクログラムを記録したといいます。

日本に飛来するのは、中国国内の10分の1程度とされますので、公表されていない中国の実情がいかに深刻なものであるかが、このことから明らかです。

中国は日本を上回る原発を沿岸部で進めています。もし事故が起これば、放射能汚染は日本に飛来し、日本海の魚は食べられなくなる可能性を否定できません。

越境汚染の問題は簡単なことではありませんが、政治はその視野を持つべきです。しかし、原発問題への対応を見ても、今の政治に期待はできません。
10年後といわず、5年後、この越境汚染は日本を揺るがす大問題になっているのではないか、そんな悪い予感が頭を過ぎります。
そして、だからこそ国内で脱原発を進めることが重要です。そうでなければ何もいえませんので・・・。
[PR]
by sosakujo | 2013-02-01 10:26
<< 熱海「惜櫟荘」のこと 「東京家族」を観ました >>