title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
二冊の本のこと
2冊の本が送られてきました。
一冊は、埼玉・榊住建をずっと引っ張ってこられた小山祐司さんが書かれた『住まいのかたち』(発行/埼玉のいえ・まち再生会議)という本です。
今朝届いて、お昼をはさんで首っ引きで読みました。日本の住まいのことが丸ごと書かれていて、大変な労作です。一口で言うと、いろいろなことが一冊で分る便利な本だと思いました。

序章は、住まいのかたちについて、20の提言をまとめられており示唆的です。
本文はⅠ話・昔の住居
Ⅱ話・今の住宅
Ⅲ話・未来の住まい が綴られています。写真が多く、文章も平明で読みやすく、殊に工務店と一般ユーザーに薦めたい本です。工業高校の建築科の生徒には、教科書としても格好のものです。

小山さんは、OM時代を共にした人で、工務店のオヤジ風なのですが、早稲田吉阪研出身で、建築の理屈を持ち、かつ美学を持つ、なかなかの人です。
わたしはお酒がダメですが、それでも小山さんのお酒の席は、いつも愉しかったと記憶しています。とんとご無沙汰していますが・・・。

さて、もう一冊の本は、『建物と日本人--移ろいゆく物語』(共同通信取材班著 東京書籍刊)の本です。
この本は、共同通信配信で出された記事をまとめたもので、共同通信編集委員の清水正夫さんにご紹介した、沖縄宮古島の渡部さんの家も納められています。

渡部さんは、化学物質過敏症に罹った幼い姉妹二人を抱え、空気のきれいな宮古島に移住され、家を建てられました。その家は、緑の列島ネットワークの理事長を務めておられる大江忍さんとその職人仲間の手によって建てられました。

わたしは2回にわたり宮古島を訪ね、建築に立会い、また、姉妹と親しく接し、通われていた学校にも取材に出掛けました。校庭に机が置かれ、屋外での授業に目を瞠りました。

この本は、東京スカイツリーに始まり、名作といわれる建物、由緒ある建物が49題収録されています。
わたしの好きな越前の丸岡城や、藤井厚二の傑作「聴竹居」も納められていて、この建物をそれらに並んで紹介された清水編集委員の慧眼に、ちゃんとしたジャーナリストはいるものだ、と思いました。
[PR]
by sosakujo | 2012-12-20 17:24
<< web通販〈手の物語」テストオ... 民主党政権とは何だったのか? >>