title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
民主党政権とは何だったのか?
選挙の結果は、民主党の惨敗でした。
わたしは、この政権が発足したとき、正直なところ、よほどの失敗がない限り、8年程度は続くものと見ておりました。結果的には、よほどの失敗続きだったわけで、見込み違いだった、と不明を恥じています。

言わずもがなを言ってしまう、わたしの性癖を心配して、友人たちから、政治のことはあまり書かない方がいいと言われていますが、心に済まされないものを感じましたので、一言、述べることにします。

今回の選挙は、投票率が6割を切り、勝利した自民党の得票率は、同党が惨敗した前回選挙を下回っています。前回、あれだけの投票率と、今回、民主党が得た得票率との差が、この選挙の結果です。民主党は、何と2000万票を失いました。自民党が勝ったわけではなく、民主党が、いかに期待を裏切り、幻滅を与えたかを示す証左です。

何が、この結果を招いたのか、姦しく議論されています。
鳩山さんが沖縄でつまずき、菅さんが財務省に取り込まれて参議院選挙で消費税を言い出し敗退したこと、野田首相がやはり財務省の意向通りに消費増税に踏み切ったことなど、その稚拙ぶりは目を覆いたくなります。
与謝野馨さんが、また森本さんが大臣になったとき、一体、民主党に人はいないのかと訝しく重いましたが、お粗末というべきか、要するに自前の考え方と、人事方針を持てない政権でした。

同党の成り立ち、組織構成、人材などから見て、なるべくしてこうなった、と言えますが、長く続いた自民党政権の崩壊を見て、新しい時代が来たとついぞ期待したものです。

同党のお粗末をあげつらうとキリがありませんが、わたしは「ニューディールを実現できなかった」ことを理由の一つに挙げたいと思います。あまり指摘されていないことですが、わたしの中では、この期待外れが一番大きかったと見ています。

わたしは鳩山首相のときに、官邸で開かれた「成長戦略」のイベントに招待されましたが、結果的に見れば、この政権は「成長戦略」を言いながら、その多くは絵に描いた餅で終わり、ニューディールと呼べるものになりませんでした。

「緑の雇用」がいわれました。
ドイツでは、自動車産業を上回る雇用が林業で生まれている、日本でもそれをやろうじゃないか、と菅さんは言いました。しかし、ほとんど竜頭蛇尾に終わっていて、林野庁に設置された四つの委員会は機能せず、解体の憂き目に遭っています。
国家戦略室審議官だった梶山恵司さんが、退任後、朝日新聞のインタビュー記事で、ちゃんと仕事ができなかった残念無念を語り、官僚機構の度し難さについて述べていましたが、政治がしっかり機能していたら、それは突破できたことで、民間から就任した梶山さんを守らないばかりか、追い込んだ連中に怒りさえ覚えます。

「コンクリートから人へ」の「成長戦略」が、この政権の肝だった筈なのに、そこが崩れてしまいました。
再生エネルギーしかり、耐震改修しかり、観光産業しかりです。

同党は、結局、何事も成しえなかったとの見方が、この選挙において、壊滅的投票行動を呼び込んだと思われてなりません。国会での安部さんとの党首対決で、マスコミは野田さんは矜持を示したと言い、本人も昂揚した気分でいましたが、社会の深部にあるところの幻滅を、この首相は何も分かっていなかったのだと思います。

もしニューディールが実現され、新しい雇用が生まれていたなら、この選挙は、違う結果が出たと思っています。

今、わたしが恐れているのは、2%のインフレはいいけれど、住宅分野で予想される、消費増税による「駆け込み受注」とそれによる建材高騰を、それに加算してほしくないということです。
木材の国産化率50%に、長伐期林業を阻害する皆伐材をカウントするのと同じで、自民党はそれを成果にして、景気は上昇したと言って参議院選挙に臨んでほしくありません。

こういうウソをマスコミは、ていねいに記事にすべきです。
[PR]
by sosakujo | 2012-12-20 04:14
<< 二冊の本のこと 富山「野の家」のこと >>