title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
美和さんが嫁いだ大谷芍薬園
二十四節季・穀雨末侯は「牡丹華」です。ぼたんの花開くと読みます。住まいネット新聞「びお」七十二候では、牡丹ではなく、芍薬を取り上げました。そうです、立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花のシャクヤクです。

芍薬の蕊(しべ)に湧き立つ日向かな 

という太祇(たいぎ)の句を紹介しながら、シャクヤクについて、あれこれ書きました。
と、その折、『住む。』の編集の仕事をしていて、芍薬園にお嫁に行った美和ちゃんからメールがあり、「びお」で芍薬を取り上げないかという話がありました。それなら、記事を書ける人なんだから、美和ちゃん書いてよ、ということになり、ご主人と協力して特集記事にまとめてもらいました。次候(5/1頃)の更新で登場しますので、是非お読みください。おもしろい記事です。

うちのかみさんが、花の仕事をしているので、彼女にアレンジメントしてもらい、それをぼくが写真を撮りますと美和ちゃんにメールを送ったら、ご丁寧にというか、嫁ぎ先の大谷芍薬園から、見事な芍薬がどさっと送られてきました。
こりゃ、大変だとも思いましたが、嬉しくもあり、送られてきた以上「料理」しなければならず、それも楽しみであり、写真も撮らなければならず、それも興奮ものでした。かみさんの話では、芍薬は、花そのものに圧倒的な力があるので、ほかの花と合わせるのがむずかしい、ということでした。それで、芍薬だけで生けてもらうことにしました。

かくして、昨夜、夜の10時ごろに生けてもらい、朝、4時まで、途中原稿などを書きながら、撮影したのですが、夜が明けてハタと気づいたのは、「立てば芍薬だよな」ということでした。夜中に撮ったのは、芍薬のかたまりのような写真です。やはり芍薬は、すっきりと一本で立っていなくては、と朝になってまた撮ることになりました。これらの写真も、特集に掲載しますのでご笑覧ください。

で、芍薬ですが、これは驚くべき花だというのが、ぼくの感想です。蕾も大きいのですが、花が開くと、まことに鮮やかなもので、夜が明けて、朝日に照らされた芍薬は、まさに

芍薬の蕊(しべ)に湧き立つ日向かな 

という太祇の句どおりのものでした。「蕊(しべ)に湧き立つ」ということばに、最初は大袈裟な感じを受けていましたが、その通りのものがありました。遊び人、太祇だけに、この花の価値がよく分っていたんだ、と思いました。
芍薬を詠んだ句は、ほかに

芍薬は紙魚打払ふ窓の前   与謝蕪村
芍薬のつんと咲きけり禅宗寺   一茶
芍薬の一ト夜のつぼみほぐれけり   久保田万太郎
芍薬やつくゑの上の紅楼夢   永井荷風

などがあります。
万太郎の句は、一晩、芍薬と付き合ってみて感じたことでした。
荷風の句からは、たしかに芍薬には、遠い昔に読んだ『紅楼夢』を彷彿させるものがありました。

こういう見事な花に接すると、花を愛でることのたのしさを感じることができます。

芍薬を堪能したい方は、ぜひ、大谷芍薬園から、お取り寄せください。
旬のものです。今なら間に合います。

大谷芍薬園
神奈川県高座郡寒川町田端874 tel.fax.0467-75-0724

http://otani-farm.net
[PR]
by sosakujo | 2009-04-29 11:30
<< 「びお」を検索すると 聴竹居のこと >>