title
小池創作所ロゴ
小池創作所代表・小池一三のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
最新のトラックバック
現代町家塾
from ShopMasterのひとりごと
芍薬(しゃくやく)
from aki's STOCKTAK..
敵こそ、我が友 /MON..
from aki's STOCKTAK..
住まいネット新聞「びお」..
from simple pleasur..
住まいネット新聞「びお」..
from ONE DAY
こんなのができました♪「..
from ONE DAY
京都議定書 アメリカ
from 地球温暖化
京 静華 プレオープン
from irei_blog
静華
from 徒然ダメ日記 およそTANT..
チベット自治区ラサへグー..
from グーグル地図で世界遺産巡り〜..
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
AX
聴竹居のこと
京都での集中合宿のあと、町の工務店メンバーと一緒に、藤井厚二が80年前に建てた「聴竹居」を見に行きました。京都郊外山崎に建てられていて、あのあたりは合戦史に残る天王山があり、「何もたさない 何もひかない」というコマーシャルで知られるサントリー山崎工場があります。新幹線で走っていても見えるし、在来線で通ると、目前に見えます。「聴竹居」は、あのあたりに建てられているんだろう、と漠然と思っていましたが、まさに天王山の裾野にあって、その上には大山崎山荘美術館があって、折から濱田庄治の展示会をやっていました。
山荘のベランダから眼下を眺めると、桂川、宇治川、木津川の三川が合流して淀川となることがよく分かり、対岸に男山までの距離が間近であることがよく分かります。山荘に行く道は、緑が青葉が茂り、見事な竹林があります。
そういう土地に、藤井厚二が自身5軒目の実験住宅として建てられたのが「聴竹居」でした。

ようやく公開されることになった「聴竹居」については、これまで小玉祐一郎さんから幾度となく聞き、また、最近『百の知恵』双書で小泉和子さんがまとめられたこともあって、その細部にわたるまで知っていての訪問でした。けれども、実際に見てみて、やはりこれはスゴイ、というのが、ぼくの感想です。
80年という時間が、この建物をひどく痛めているけれど、滾々と湧き出てくる泉のように、藤井厚二その人がやらんとしたこと、豊かな実験精神が、そこに横溢していました。

くわしいことは、「びお」の特集で、しっかり書くことにします。

JRの駅から、すぐのところに千利休の作とされる茶室「待庵」や、水無瀬宮燈心亭があります。また、この「聴竹居」に入る手前に、安藤邦廣さんが設計されたレストランが建っています。在来線に沿って西に下るとサントリー山崎工場があります。見学できるようになっていて、ウイスキーもいただけます。
一日を過ごすのに、とてもよいところなので、ぜひ出掛けてください。ただ、「聴竹居」も、「待庵」も、燈心亭も、あらかじめ予約が必要です。念のため。

お昼に、旬の筍料理を食べました。
これは、美味でした。山崎の小料理屋のカウンターでの食事でしたが、料理をしてくれた板長さんに、筍について、あれこれ話を聞きました。白子筍とはいえ、筍は早く茹でることが一番の大事とのこと。掘ってからの時間は、と質問したら、直ぐがいいのだけど、遅くとも3時間以内、といわれました。
わが意(前回のブログに書いています)を得たり、でした。
[PR]
by sosakujo | 2009-04-24 07:21
<< 美和さんが嫁いだ大谷芍薬園 京都の筍 >>